掲示板で出会った童顔女子大生との危険な遊び

私は以前、出会い系の掲示板で20代前半の女子大生と出会うことができました。

掲示板で見つけた童顔女子大生


30代の私からすると20代の女子大生は非常に魅力的な存在となっています。


その女子大生、見栄えは悪くなく、どちらかというと童顔な感じでした。


そしてえくぼがとてもキュートな女性であり、普通に合コンなどいっても出会いは十分あるのではないだろうかというような感じだったのです。


私は彼女とドライブに行く約束をし、実際に出かけていったのです。


そして軽く食事を済ませ、一人ぐらししている彼女のマンションへ送り届けたのです。

 

【関連ページ】

・ >>出会い系で知り合った小柄で童顔巨乳のエロい看護師

・ >>尻フェチの僕が出会い系で会えた童顔・デカ尻・バニーガールは最高の組み合わせ

 

女子大生の自宅に入れた


そこで何気に部屋を見てみたいと話すと彼女は何も警戒することなく私を部屋に連れて行ってくれました。


私は彼女の部屋に入るなり正直テンションが上がっていました。

 

出会い系ですぐに会えるという喜びもありましたが、久しぶりの女性の部屋ということもあり、このままエッチができるのではないだろうかと興奮していたからです。


私は部屋にいき、何気に部屋を模索しつつ座っていました。


すると彼女は部屋儀に着替えてくるといい、寝室の方に行ったのです。


私はその状況をうまく飲み込めずにどうしたらよいものかと焦っていました。


そして部屋越しに寝室に行ってもいいかと声をかけてみたのです。


すると彼女は来たければどうぞといってくれました。

 

下着姿のエッチな女子大生にテンションMAX


そしてすぐさま彼女の寝室にいったのです。すると彼女はすでに下着姿であり、私を見るなり笑顔でエッチなことがしたいと言ってきたのです。


私のテンションはマックス状態となり、このままなし崩しに彼女をベッドの中に連れて行きました。


すると彼女の方から私の股間をまさぐりだし、ひたすら口に含んでは楽しんでいたのです。


私も彼女のエロさに負けないよう彼女の体を嘗め回しました。


そしてお互い全身を嘗め回したあと、本番に突入したのです。


彼女の体はとても柔らかくしっとりとした肌触りでした。


そして何も抵抗しない彼女の体に挿入していき、彼女の感じている顔を眺めながら私はひたすら腰を振り続けました。


そして彼女の体位をいろいろと変えつつ、彼女の奥まで挿入できるよういろいろと試したのです。


私は彼女の体を横向きにし、手で触りつつも突き続けました。


彼女はあまりの気持ちよさに何度となく汁があふれてきてベッドのシーツは完全にべとべとになっていました。


私はそれでも彼女が感じている姿を見続けたい気持ちから何度となくもうだめとよがっている彼女を抱き続けたのです。


彼女はその後も何度となく行き、最終的にはお互い全てを出し切った感じでベッドに横たわっていました。これが淫乱な女子大生との初めての出会いであり、その後も定期的に会っては楽しんでいます。


その一方で他にも出会いがないか出会い系サイトで模索中であり、今度は人妻を相手にしてみようと考えています。
【神奈川県|30代|男性|自営業】

 

【関連ページ】

・ >>30代社会人の俺が10歳以上年下の21歳女子大生と掲示板を通じてセフレになれたエピソード

・ >>掲示板で募集して会えた可愛い女子大生は出会って即エッチするビッチだった