大人の男性に抱擁して欲しくて出会い系の50代の男性とホテルでエッチ

デパートの化粧品売り場で接客の仕事をしています。


一見華やかに見えますが、毎日色んなお客様の相手をしてストレスは溜まる一方…理不尽なおばさまの要求にも笑顔で対応しなければならず、毎日帰りの電車に揺られるころは心も身体もクタクタで…


ずっと付き合ってる彼氏は年下で、可愛いんだけど頼りなくて。


仕事のグチを話しても逆に自分の方が大変だなどと言い出され、最近は会うのも面倒になっていました。

 

出会い系で大人の男性を探しました


仕事のストレスが大きくなる程、誰かに甘えて癒されたいという気持ちが抑えられなくなり、かと言って面倒な関係になるのは嫌だったので、思い切って出会い系の出逢いに賭けてみることにしました。


嫌な感じの人だったらご飯だけご馳走になって帰ればいいし…と。

 

50代のおじ様と約束


待ち合わせ場所で初めて逢った彼は、50代後半くらいの優しそうなおじ様でした。


彼はサイトでやり取りした時のイメージ通り、会話も身のこなしもとてもスマートで、美味しいフレンチをご馳走になった後、ホテルのバーへ。


気持ち良く酔い始めたころ、「続きは部屋でゆっくり聞こうかな?」と優しく髪を撫でてくれました。

 

大人の男性にエッチな雰囲気にのまれてホテルの部屋に


普通ならおじさんに髪を触られるなんてありえないのに、その時の私は髪に触れられただけで身体中に電気が走った様に痺れてしまい、彼に促されるまま部屋についていきました。


部屋に入りドアを閉めた瞬間、私は思わず彼の胸に顔を埋めました。


心をすっかり抱擁されていた私は、このまま身体も優しく抱擁されたくなっていました。


彼は私を優しく抱き締めて、ゆっくりと濃厚なキスをしました。


そのとろけるようなキスは、今まで付き合ってきたどの彼とも違う、とろけるような甘い甘いキスで、まだ服を着ているのに絶頂を迎えたような快感に包まれていました。


「君のしてほしいこと、全部してあげるからね」と耳元で囁くと、彼は私を抱き上げてベッドに優しく寝かせ、丁寧に服を脱がせてくれました。


彼は私をうつ伏せに寝かせ、背中から腰までのラインを丁寧に指先でなぞり、時々優しく身体中にキスをします。

 

大人のテクニックにセックスを懇願してしまいました


その触れ方が絶妙で、恥ずかしい程濡れてしまった私は、思わず「お願い。早くほしい…」と彼に懇願していました。


彼はゆっくりと私を起こし、優しく胸を触った後、乳首を口に入れてコロコロと転がします。
もう本当に我慢できなくなり私は彼に跨ってゆっくりと腰を揺らしました。


「すごく気持ちいいよ」「可愛いよ」と、何度も言いながら、彼は私の腰を掴んで優しくリードしてくれ、すぐイキそうになる私を焦らしながら、丁寧にフィニッシュまで連れて行ってくれました。


こんなに気持ちのいいセックスがある事を知り、私は完全に彼なしではいられなくなってしまいました。


サイトを通した出逢いが、こんな風に自分を変えるなんて…なんだか夢のようです。
【東京都・20代・女性】