人妻のセフレとの出会いは掲示板で作り中出しセックス

俺は33歳で嫁と2人暮らしです。


俺は性欲が昔から強く、一晩に5回、6回イクことは朝飯前ですが、最近嫁とのセックスは、2度3度とはならずに1度出すと嫁はすぐに寝てしまいます。


1度のセックスでは物足りない俺は、嫁が寝たあとにシコシコする日々でした。

 

掲示板でエロそうな人妻探し


これに俺は不満を持つようになり、セックスする相手を出会い系サイトの掲示板で探してみようと思ったのです。


やはり自分が既婚者である以上、相手も既婚者の方がいいだろうと、人妻と出会えるサイトに登録してみました。


そこで出会った女性は、同じ県内に住む42歳で人妻さんでした。


サイト内でメールのやり取りで分かったのは、人妻さんは子無しで旦那さんと結婚して15年以上経つものの、もう7、8年セックスレスだということでした。

 

【関連ページ】掲示板でエロい熟女・人妻を見つけてセフレにする

 

人妻は欲求不満みたい


人妻さんは、旦那さんとのセックスレスに耐えられず、サイトに登録してみたとのことで、写メの交換をしましたが、見た感じ有名AV女優の風間ゆみさん似でした。


そして早速会おうという話になり、いざご対面となりました。

 

待ち合わせに来たエロそうな人妻


車で人妻さんの最寄駅に向かうと、写メで見たとおりの風間ゆみさん似の女性が立っていました。


(人妻さんは風間ゆみさん似なので、ここからはゆみさん(仮名)とします)


車を降りて


「ゆみさんですか?」


と声をかけると


「はい、ゆみです。俺さんですか?」


と答えてくれたので


「俺です。さあ、寒かったでしょ?車に乗って下さい」


と言うとゆみさんが俺の車に乗り込んできました。


助手席に乗ったゆみさんを見て色っぽいな。と思いながら見ていると、少し緊張しているようでした。

 

まさかの人妻からホテルへのお誘い


「ゆみさん、緊張してます?少しお茶でもしますか?」


「いえ、大丈夫ですよ?俺さん優しいんですね?お茶はいいから早くホテルへ行きましょうよ?」


と、まさかのゆみさんからのお誘いが。


そうは言いながらも、ゆみさんは内股でモジモジしています。


緊張しているのものの、これから起こることへの期待とスリルに我慢できない様子のゆみさんを見て、俺も興奮が高まって来ました。


そうこうしているうちに、車はラブホに到着し、車を停めて部屋を選び、エレベーターに2人で乗り込みました。


エレベーターが締まった瞬間、ゆみさんの肩を抱くと、大きな瞳を潤ませてこっちを見てきたのです。

 

人妻とすぐセックス開始


もうそれだけで勃起してしまったのですが、ゆみさんの手を取って俺の股間に持っていきました。


俺の股間の硬さを確認したゆみさんは


「すごい、硬くなってる」


と言ったので


「メールでも言いましたけど、俺は回数多いので、覚悟して下さいね?」


と声をかけてやると、ゆみさんは顔を赤くして笑顔で頷いてくれました。


もう我慢できん!ということでまだエレベーターの中ですが、ゆみさんにキスしました。

 


しかもいきなり思い切り舌を入れて、ゆみさんの口の中を舐め回してやりました。


ゆみさんは驚いたのか、少し遠慮気味に舌を絡めてきます。


そうしていると、エレベーターは目的の階に到着しました。


部屋の鍵を開けて、入室し、ソファーに座るやいなや、ゆみさんは俺の顔を掴み、さっきのお返しとばかりに、俺の口の中に舌をねじ込んできました。


今まで体験したことのないくらいの激しいキスでした。


溜まっていたものが一気に爆発したかのような、激しいゆみさんのキスにKO寸前でした。


盛りのついたゆみさんの暴走は止まりません。


キスしながら俺のベルトを外してくるゆみさん。気づいたらズボンを下ろされて、パンツも下ろされていたのです。


息子を丸出しにされたかと思うと、パクっとゆみさんが息子にしゃぶりついてきたのです。


「ちょっと、まだシャワーしてないよ?」


思わず俺は、どっちが女の子だか分からないセリフを吐いてしまいました。


「さっきエレベーターでキスしてしてきたのは誰?あのキスで火付けられちゃったんだから。しっかり責任取ってもらうからね?」


と、もうエロスイッチの入ったゆみさんは止められません。


フェラテクとしては普通くらいでしたが、ジュポッ!ジュルッ!といやらしい音を立てて俺の息子にしゃぶりついているゆみさんの姿は物凄くエロかったです。


「やっぱ俺さんの大きいわね?こんなの入るのかなあ?」


と言いながらも、裏筋や玉袋まで丁寧に舐めてくれました。


それまでゆみさんの勢いに押されっぱなしな俺でしたが、責められっばなしでは男が廃る。と俺も遅ればせながらゆみさんに攻撃開始です。


一気にゆみさんのストッキングとパンティを脱がして、生マンコに指を這わせてやりました。


しばらく触っていると、ゆみさんがビクンと跳ねました。


「えっ?ゆみさん、イッちゃったの?」


「うん、久し振りすぎて敏感になってるのかも」


と、まさかの昇天です。


するとゆみさんが俺の息子を掴み


「ねえ、もう我慢できないの!はやくコレちょうだい?」


と言うと俺の答えを聞く間も無く、俺の上にまたがってきて、勝手に挿入してきたのです。


「あっふっんっ!やっぱ大きいわ!旦那と全然違う!」


とゆみさんは声を上げながら勝手に挿入し、腰を激しく降ってきます。


さっき会った時に緊張でモジモジしていた人と同一人物とは思えないほどの変貌ぶりに驚くとともに、物凄く興奮しました。


「ねえ俺さん、次は後ろから突いて?」


とのリクエストが来たので、ゆみさんの肉感的なお尻を持って、バックでパンパン突いてやりました。


興奮したゆみさんのマンコの熱さと締まりの良さに、早くも射精感が襲います。


「ゆみさん、ゴメンもう俺限界かも」


「いいわよ?何回も出せるんでしょ?これだけじゃ終わらないよね?」


と言うゆみさんを仰向けに寝かせて、正常位でのフィニッシュにしようとしました。

 

ゴム無し中出しセックス!


しかし興奮して思いっきり忘れていましたが、ここで今さらゴムしていないことに気付きました。


さすがにこのままじゃマズイよな。と思い、枕元に備え付けてあるゴムに手を掛けようとした瞬間、ゆみさんが


「何してるの?今さら着けなくていいでしょ?」


「いやいや、だってゆみさん人妻だし。さすがにマズイんじゃない?」


「いいの!俺さんの思い切り出して?」


とゆみさんが言うので、それでは遠慮なく。と思い切り中に出させてもらいました。


ドクンドクンとゆみさんの中に思い切り放出しましたが、息子は萎えません。


それを感じたゆみさんが


「えっ?イッたのに固いままなの?すごーい!こんなの初めてだ!」


というので


「言ったでしょ?何回でも大丈夫だって。このまま続けて出せるよ?」


「ほんとに?わぁ、すごい、じゃあ出せるだけ出してみて?」


と言われたので、そのまま2回戦に突入し、またもゆみさんの中に出してやり、結局そのまま抜かずの5連発となりました。


さすがのゆみさんも、5回目が終わったときに


「もうダメー!少し休ませて」


と言うので少し休憩し、ゆみさんに腕まくらをしながらのピロートークとなりました。


「ゆみさん、どうだった?」


「すごかった!連発なんて初めてだったし、しかも5連発なんて」


「ところで勢いで全部中に出してしまったけど、ホントに大丈夫なの?」


「それは大丈夫。私、妊娠しない身体だから」


少し寂しそうに答えるゆみさんに、聞いてはいけないことを聞いてしまったかと後悔していました・・・

 

人妻のセフレが作れた瞬間

 


「大丈夫だよ?でも私は今日はもう限界かも。だけどまた俺さんに抱かれたいなあ?ときどきお願いできる?」


なんて聞いてくるゆみさんの申し出を断る理由はありません。


「もちろん、喜んで。ときどきなんて言わずに、俺もまたゆみさんを抱きたいし。こちらからお願いしたいくらいだよ」


そう言うとゆみさんは俺にキスしてきて


「やったあ!んじゃあまた今度ね?絶対だよ?」


と、中出し可能な人妻セフレができてしまいました。


その日はそれで別れて、後日また会う約束をし、帰宅しました。


そこからゆみさんとは週に一度のペースで会っています。


もちろん会うたびにセックスし、ゆみさんの希望もあって全て中出ししてます。


サイトのお陰で、俺にも最高のセフレができました。
[岡山県倉敷市|30代|男性|会社員]

 

【関連ページ】出会い系ですぐ会えた40代のエッチな人妻熟女をセフレ化