エッチしたい風俗嬢もいる出会い系

以前から、私は良く出会い系サイトを利用しています。


出会い系サイトを利用している理由は不特定多数の女性と関係を持ちたいからですが、それと同時にただでエッチをしたいと考えているためです。


風俗にいけば確かにエッチはできますが制約がありお金もかかります。
そのため、お金を極力かけずにエッチをしたいと考え出会い系サイトを利用しています。
出会い系サイトには、いろいろな女性がいます。

 

出会い系にいる風俗嬢


その中でもたまに出会うのが風俗嬢なのです。


風俗嬢の方はみなさん仕事柄、体を売ってお金を稼いでいますが、決してエッチを楽しんでいるわけではないそうです。

 

【関連ページ】アダルト出会い系で風俗嬢より安く素人の女の子と本番セックス

 

風俗嬢もプライベートでエッチしたい


そのためエッチをプライベートで楽しむべく風俗嬢であることを隠した上で出会い系サイトを利用しているようです。


私が以前出会った女性も実は風俗嬢でした。

 

会った20代後半の女性


最初は決して風俗嬢であるということを明かしてくれませんでした。


しかし、エッチに対して何も抵抗感がなくすんなりとホテルに行ってくれたのです。


私たちは近所のスーパーの駐車場で待ち合わせをし、そのまま私の車でドライブがてらホテルを目指したのです。

 

彼女は見た目は普通の20代後半の女性でした。そして仕事を聞くとサービス業をしていると話してくれたのです。


当初は飲食などのサービス業なのかと思っていたのですが、徐々にそれが風俗業であると分かってきたのです。

 

風俗嬢のテクニックはすごい


その理由は彼女のテクニックにありました。


私たちはホテルにつくなり、彼女と一緒にお風呂に入ったのです。


そこで彼女の手際のよさ、テクニックのすばらしさを味わうことができました。
彼女はものすごい手つきで私の股間をきれいにお掃除してくれたのです。彼女の手月があまりにもエロく気持ちよかったので私の股間はすぐに立ち上がりました。


そして立ち上がった私の股間を触りつつ、口に含んでくれたのです。


私はその舌使いの良さと生暖かい口の中でいきたくなったのですが、彼女からぎゅっとにぎられてまだ行かないでといわれたのです。


そしてあまりの彼女のテクニックの良さにどこで覚えたのかを聞くと、常にお店で何本も扱っているからと言われました。


私はこのとき初めて風俗嬢だということに気づいたのです。


どうして出会い系サイトなどでエッチする相手を探しているのか正直疑問に思い確認しました。


すると彼女は仕事ではエッチを楽しめないと話し、プライベートでじっくりと楽しみたいと言い出したのです。

 

風俗嬢と無料でセックスできる喜び


私は風俗嬢と無料でエッチができる喜びでいっぱいとなりました。


そこで私は自分の持っているすべてを彼女に注ぎ込んでみようと考え、ひたすら彼女の体をいじり倒したのです。


お風呂の中で彼女の股間を触りつつ胸を舐めてはキスをしました。


そして彼女の吐息が漏れ出す頃、そのままベッドに行き彼女をシーツで拭きつつ股間を嘗め回したのです。


彼女の股間はすぐに彼女自身の体液で濡れていました。


その体液を指で拭いつつその指を彼女のアナルなどに入れて彼女の体を楽しんでいたのです。


彼女も私に負けないよう私の股間を舐めてアナルを触りすべてを吸い取るような感じで吸引してくれました。


彼女の吸引力は非常にすごいものでした。このまま続けられるとすぐに行ってしまうと考え、私は体位を変えて彼女の体をいたぶることに切り替えたのです。


彼女は体を触られて心地良くなるにつれさらに大きな声でよがっていました。


そして私は自前のローションを取り出し彼女の体に塗りつけてさらに濃厚なエッチを行ったのです。


彼女もローションには慣れているようですぐさまお互いローションまみれとなりました。


ローションで楽しんでいるうちでお互い一度は行ってしまおうという話しになったのです。


そして私は時間をかけて彼女に挿入し30分ぐらいがんばって彼女のお腹に出し切ったのでした。


そしてその精液を手で拭い彼女の口に持っていくとパクっと指を吸い込んでくれたのです。


その光景があまりにも可愛いと思えて私はそのまま彼女との第二ラウンドをはじめたのです。


2回目はお互いじっくりと楽しむこととし、相手の感じる部分を聞きあってじっくりと攻め合うこととしました。


彼女は背中の中心部分からお尻にかけて性感帯が走っているようでその部分を優しく舐めてあげるとかなり体が反応していました。


彼女の性感帯を刺激しつつ、彼女は私の汚れた股間をさらに嘗め回してくれていました。


そしてサイド挿入するにあたり私は彼女の奥までがっつり突けるよう何度も突いていました。


彼女も奥まで挿入されたことはあまりないようで痛みと快感の両方を味わっていたのです。


私はそこで潮を吹かせようと考えさらにクリトリスもいじりました。


クリトリスをいじると彼女は完全にストップして欲しいとよがりだしたのです。
私はそんな彼女の要望を一切聞かずにひたすら攻め倒しました。


彼女の体はもはや完全に麻痺しておりぴくんと動く程度の状態となっていました。


結果潮を吹かせることはできませんでしたが、完全に失神させる直前までには持っていくことができたのです。


そしてこれほど気持ちよいエッチは久しぶりだったと満足してくれてお互い別れたのでした。
【奈良県|30代|男性|会社員】