三重県」カテゴリーアーカイブ

出会い系でセックス好きなエロい東南アジア系外国人女性に激しく求められて。

出会い系で外国人らしい名前を見つけます。

出会い系で外国人探し

 

ただのハンドルネームにしては聞き覚えが無い感じの物。写真を交換すると案の定、東南アジア系の女性でした。

 

外国人というのも目先が変わって楽しそうなので多少遠くに住んでいるその女性に、近くに住んでいると嘘をついて連絡を取り合います。

 

会うときに彼女の近くを指定すればいいだけで、悪質な嘘とは思いません。

 

東南アジア系女性と約束

話はまとまり、実際彼女の家の近くで落ち合う事になりました。

 

家の近くといっても私は相手の家を知らないので、どの程度近くかは分かりませんが。
約束の日、多少車で走ってその場所へ向かいました。

 

待っていたのは、確かに写真通りの女性です。

20少しで、小麦色の肌にわりと彫りの深い目鼻立ち。

 

向こうではどうなのか分かりませんが、日本人の目には結構美人に見える顔立ちでしょう。

 

セックスしにホテルへ向かう

目立ちたくないという彼女をすぐにホテルに連れて行きます。本当に地元近くなのかもしれません。

 

多少遠くに行けばいいと思いますが、車の免許をもっていないという話なのでまあ納得です。

服を脱ぐと、スレンダーな体型。

 

エロいというより激しい

 

始めると、すぐにフェラしてくれます。それもいきなり引き抜こうとするかのような強烈なバキュームフェラ。すでに立っていたとはいえ、いきなりの事に驚きます。
しかし彼女の勢いはそれだけではなく、私がいきそうだと言うと押し倒すようにして騎乗位に来ます。

火のよう、といえば言い過ぎかもしれません。

それでも燃えるような熱意で腰を振り、私がいくとすぐに2回目をしゃぶって立たせ、また跨ってきました。

 

エロい、というよりもっと激しく求めてきている感じで、引きつつも吸い込まれるような魅力も感じます。

4回目で立たず、その日はそれで終わりになりました。

 

「夫より大分元気ね。夫は毎日2回づつぐらいで」

別れるときそう言われて驚きます。

 

あの調子で毎日絞られれば体が持たないでしょう。
夫の体のためにも、また会って欲しいものだと連絡先を聞くと、喜んで教えてくれました。

「またしたくなったらすぐ連絡してね」

 

付き合うというより、セックスするための関係を持とうということなのがはっきり分かる話です。

本当にセックスが好きなようでした。
三重県 28歳 会社員男

 

エッチがしたい時は安全な出会い系で

 

エッチがしたい時に使える出会い系を評価・体験談を元にランキングにしています。悪質な出会い系サイトはインターネットの中には大量に存在していますので、騙されない様にして下さい。

本当に会える出会い系というのはほんの一握りです。 >>セフレが作れる安心・安全で人気の出会い系掲示板ランキング【口コミも元にした本当のおすすめ】

 

 

 

 

出会い系で知り合った小柄で童顔巨乳のエロい看護師

最近妻とはご無沙汰気味なので出会い系で相手を見つけてみようと、サイトを使って、看護師であるヒロミ(仮名)という26歳の女性と出会いました。

出会い系にいたエロい童顔看護師

サイト内でのやり取りで聞いたところでは独身で彼氏もいないとのことです。
看護師は意外と出会いが少ないとのことでした。

実際に会ってみたヒロミは童顔の幼い感じで、小柄で色白のムチムチした女性でした。
お茶でもしようと近くのカフェに入ります。

しばらくカフェでの会話をして、1時間くらいしたころヒロミが僕の耳元で「2人きりになれるところに行かない?」と言ってきたのです。

 

【関連ページ】

・ >>掲示板で出会った童顔女子大生との危険な遊び

・ >>尻フェチの僕が出会い系で会えた童顔・デカ尻・バニーガールは最高の組み合わせ

 

やっぱり看護師はエロい

もちろん断る理由なんてありません。
喜んで「うん、行こっか」と答えホテルへと向かいました。

ホテルの部屋に着いて、ヒロミのムチムチした体に襲いかかりたい気持ちを抑えて、まずはヒロミを優しく抱きしめてみました。

 

エッチ開始後に巨乳発見

そこで気付いたのですが、ヒロミは中々の巨乳です。

(後で本人に聞いたところ90cmのFカップ)ヒロミの巨乳を触りつつ、キスしながらベットにゆっくりと仰向けに寝かしてみました。

「ヒロミちゃん、服脱がすね?」と言いながらシャツをぬがすと大きな黒いブラが現れます。

そのままブラのホックを外すと、ポロンと大きな2つのまん丸な胸が現れたのです。
それを見た僕は、ヒロミの500円玉くらいの大きさの薄い色の乳首をチュパチュパと吸いはじめまさた。

しばらく吸っていると「おっぱい好きなの?可愛いね!」と頭を撫でてくれました。

次にスカートとパンツを脱がして、ヒロミのアソコに指を突っ込んでグリグリしているとヒロミの中はどんどん濡れていきました。

そしてクンニしてやろうと舐めはじめてしばらくすると「私も舐めてあげる!」と僕のアレを咥えてきます。

ヒロミの舌使いは素晴らしく、僕はいつしかヒロミのアソコを舐めるのも忘れて、ヒロミのエロい舌技を味わっていました。

そうしていると「ねぇ、そろそろ」とヒロミが枕元にあったコンドームを手渡してきたので、装着して挿入しました。

 

エロい看護師とのセックスは激しい

最初は正常位、バックとヒロミの中をガンガン突いて楽しみ、その後騎乗位へ。
騎乗位で自分からヒロミはアレを手で持って中に入れてきました。

ヒロミが腰を振ると自慢の美巨乳がプルンプルンと揺れます。
そのまま少し前屈みになってもらい、美巨乳をチュパチュパ吸いつきました。

「もう、本当におっぱい好きなんだねー」なんてヒロミは言いながらアンアン声を出して腰を振ってきます。

そろそろ逝きそうだと思い「最後どうする?」とヒロミに聞くと「あそこで後ろからお願い」とヒロミが指差した場所は洗面所。

洗面台の鏡の前へ移動します。

立ちバックでパンパン突いているとヒロミがいきなり「あーっ!吹く、吹く、吹いちゃう!」と言い、僕のアレにゴム越しにも分かる生暖かい感触が。

ヒロミは潮を吹いてしまったようです。

ヒロミが少し落ち着くのを待って、再びパンパン突いて僕もヒロミの中にフィニッシュ(正確にはゴムの中)となりました。

イッたあとベットに戻って腕枕をしながらピロートークです。

 

「私、普段は吹かないんだよ?、〇〇さん激しすぎるから」と恥ずかしそうにヒロミは言います。

その後ヒロミは仕事だということで、お互いLINEのIDを交換して、その日は1回切りで帰ることになりました。

 

【関連ページ】出会い系で誘ってきたぽっちゃり巨乳看護師は超淫乱だった

 

次またその看護師とエロ目的で会えそう

翌日「〇〇さんとまたしたいな?今度はお仕事休みの日にゆっくりね?」というLINEが来ていましたが、今後もヒロミとは定期的に楽しみたいなぁと思っています。

また来週ヒロミと会うことになっています。
三重県|30代|男性|会社員