北海道」カテゴリーアーカイブ

【札幌市白石区セフレ募集体験】エロい人妻熟女とセックス目的で出会えるアプリ

欲求不満の人妻の体を味わったことがない男性は、損をしていると思います。

アプリでは簡単に出会うことができ誰でも濃厚なセックスを味わいつくすことができますから、すぐに探し始めてみることをお勧めしますよ。

 

僕自身アプリの利用は初めてで「不倫なんて簡単にできるはずがない」と思いつつ利用していたのですが、今では大学生活のほとんどがセフレの人妻とのセックスに費やされています。
一度タガが外れてしまった人妻たちは「自分からセックスを求める」のでセフレとして最高ですよ。

 

(札幌市白石区)不倫したい人妻は出会い系アプリで探している

欲求不満の人妻に狙いを定めてアプリの利用を始めると、意外と多くの人妻がいることに驚きました。
その中で僕が気になった人妻「秋子」(仮名)は、他の人妻よりも一見するとガードが固いように見えましたが「欲求不満は人一倍溜め込んでいた人妻」でした。
あからさまに男性を求めている女性よりも、そういった人妻の方が長く楽しめるかもしれませんよ。

 

日記には性的なことはあまり書かれておらず、旦那とのセックスの回数が減っていることは読み取れましたがメッセージの反応はあまり良くありませんでした。
「出会いは求めていない」と彼女はよく言っており、日記に対する男性からの出会い目的の反応も冷たくあしらっていましたね。
僕もそんな男性たちと同じようにあしらわれており、「若いのにこんなとこいたらダメでしょ」とよく叱られましたよ。

 

ですが、様々な女性に声をかけた中で一番やり取りが長く続いたのは秋子でした。

セフレを探す欲求不満な人妻に声をかけてもすぐに出会うことはできず、反応はすぐに返ってこなくなることがほとんどでした。
多少やり取りが続いたとしても出会いには繋がらず、アプリでの楽しみは秋子との日常会話になっていきました。

 

とにかくセックスがしたいと愚痴を言うとそんなに簡単に女性とできるはずがないと嗜められながらも「私も、最近シテないな…」と漏らす彼女にドキドキし、AVのようにイかせまくりたいと夢を語ると馬鹿にされながらも性感帯やどのように責めたらいいか教えてくれ、普段は話すことのできない話題ができる相手としてお互いに仲間意識があったように思えます。

 

エッチの出会いは人妻熟女からの誘い

長い期間やり取りをしていた僕たちは、様々な話をしていました。
日常的な会話から性的な話までしていましたのでお互いのことはよく知っており、「最近ちゃんと食べてないみたいだし、ご飯作ってあげようか?」という彼女からの誘いも自然なことだったように思えます。

 

後から聞いた話ではありますが、生理前で欲求不満が限界に達していた彼女は「セックスしてもいいかも」と思いながら僕を誘ったそうですが、当時の僕は全くそんなことは考えていませんでしたね。
しかし、発情中だった秋子のフェロモンに完全に理性を失ってしまいました。

 

家に招かれ初めて彼女を見ることができたのですが、キツめの顔立ちではありますが整った容姿をしており驚きました。
胸も大きく形の良いお尻、そんな気は無かったのに「どうにかしてセックスをしたい」としか思わなくなっていましたよ。
秋子が作ってくれた料理は美味しかったのですが、それよりも彼女に視線が奪われ「最近もエッチしてないよ。
オナニーばっかりしちゃう」と恥ずかしそうに笑う彼女に勃起しっぱなしでしたよ。

洗い物をしている後ろ姿からは色気が漂っており、我慢の限界でした。

 

後ろから抱きつき股間を押し付けると「ダメ…」と漏らすのですが、強く振りほどこうとはしませんでした。
弾力のあるお尻に擦り付けるとそれだけで射精してしまいそうになり、首筋を舐めると秋子の体も熱くなってくるものですからお互いに発情していたように思います。

押し倒しGパンを無理やり脱がせると、下着の上からでも分かるほど彼女は濡れていました。
無我夢中で彼女の秘所にむしゃぶりつくと大きな声で喘ぎだし、拒絶した言葉を言いながらも身悶えして押し付けてくるものですからもう止まれませんよ。
下着を脱がせて直接舐め上げるとビクンと体を震わせ、腰を掴んで延々舐め続けると素直に感じ始めてくれました。

 

毎日セックスしたい人妻との性欲処理

一気に奥まで肉棒をねじ込むと、一際大きな甲高い声で絶頂しました。
それで完全に理性が飛んだのか必死に自分から腰を振り始め、バックの体勢にも関わらず彼女にイかされてしまいましたよ。
射精の瞬間引き抜こうとしたのですが許してもらえず、精液を出しているのに押し付けられ快感でどうにかなってしまいそうでした。

 

射精し終えた僕は放心状態だったのですが逆に押し倒され、「まだできるよね?満足するまでお願い…」と無理やり勃起させられてしまいました。
彼女のなすがままで何度も射精させられ、よほど欲求不満が限界だったのか騎乗位で絞り尽くされましたよ。

 

それからの僕たちの関係は「セックスをしたい時にどちらかが誘う」というセフレの関係性になりましたが、圧倒的に彼女からの誘いのほうが多かったですね。
誘いがない日でも「近く通ったら急にしたくなったから来ちゃった」と家に来ることもあり、毎日のように性欲処理に付き合わされましたよ。

【札幌市白石区、30代、男性、自営業】

※使った出会い系アプリ:ワクワクメール

 

掲示板で見つけたお尻コンプレックスの女の子と初アナルセックス

いろんな要素が相まった結果、人生で一番気持ちの良い射精ができました!

自分の容姿に凄い自信を持っている子よりも、何かしらコンプレックスを持っている子の方が好きなんですよね。

ほら、よく言うでしょ、「美人は3日で飽きるけど、不美人は3日で慣れる」みたいな事を。

これって凄く的を得ている気がします。

一見良くないと思われる要素でも、何かしら良い部分はあるわけで、そこを見つけた時の喜びは格別なのです。

 

掲示板で話した女の子

そんな事を考えるようになったのは、掲示板で出会った女の子にあります。

その女の子は、自分に対してものすごいコンプレックスを抱いているんです。

 

お尻にコンプレックス持ち

中でも、お尻に対してコンプレックスを抱いているようで、初めてセックスに及んだ時は、なかなか触らせてくれませんでした。

別に大きい訳でもなく、小さい訳でもない。

形が歪なわけでもなければ、変なニオイがするわけでもない。
一体全体どんなコンプレックスを抱いているんだろうと、不思議な気持ちで一杯でした。

が、パンツを脱がしてみてやっとわかりました。
彼女のお尻には、いわゆるお尻ニキビが大量に発生していたのです。
これを見られるのが恥ずかしかったんですね。

ちなみに、私は女性のコンプレックスをある種の魅力として捉えることが出来るのですが・・。

やっぱり当人は恥ずかしいようで、それ以来ほとんどお尻を見せてくれなくなりました。

極力お尻が見えないようなシチュエーションに持って行こうとするのです。
部屋を暗くしたり、パンツを履いた状態(局部だけずらして挿入)でセックスをしたり・・。

やっぱ年頃(23歳)の女の子は自分の肌荒れを異性に見られるのが恥ずかしいようです。

思い返してみると、今まで出会い系サイトで出会った女の子は皆、セックスに対してはあっけらかんとした対応で、パパっとやって、はいサヨナラ。

みたいな、そんな淡白なセックスばかりでした。

それがですよ、今回の女の子は、コンプレックスが過剰な分、まるで処女のようなそんな初心(うぶ)な対応を見せますからね。

今までとは違った楽しみ方が出来ています(出会い系サイトにもこんな初心な女の子がいるんですね。ちょっと驚きです)。

 

掲示板で見つけた女の子とアナルセックス

ところで、先ほど、パンツをはいた状態でセックスをすると言いましたが、毎回こんな状態でセックスをするのは、さすがにストレスが溜まります。
そんなストレスが遂に爆発してしまいました。

先日、バックで挿入している時の事です。
この時も彼女はパンツをはいた状態だったのですが・・。

どうにもこうにも辛抱できなくなった私は、彼女のパンツを後ろから思いっきりずり下げたのです。

で、お尻の肉をこれでもかと掴んで、がばっと左右に広げました。

あらわになる彼女の局部とお尻の穴。
ぬれぼそった陰毛。
相変わらず大量のお尻ニキビ。

加えて「ひイぃ~」などという、羞恥心と恐怖感が混じったような声。

いろんな要素が相まった結果、なんか急に嗜虐的な気持ちが高ぶってきた私は・・。

自分でもよく分かりませんが、彼女のお尻の穴に挿入、否、ぶち込んだのでした。

これが人生で始めてのアナルセックスでしたが、感度もさることながら、女性のお尻の穴に挿入するという、非道な行為と征服感でとてつもない射精が出来ました。
この年で、23歳の女性のお尻に射精できるなんて・・。

人生で一番気持ちよかったセックスだといっても過言ではありません。
北海道札幌市 30代 男 警備員

 

【関連ページ】尻フェチの僕が出会い系で会えた童顔・デカ尻・バニーガールは最高の組み合わせ

 

ドMな私が掲示板で「ご主人様募集」して調教されている秘密な関係

主従契約し最高のエッチをした体験です。。。

 

私は主婦です。

主人にもめぐまれ、はたから見ればなんの問題もない幸せで順風満帆な家族だったとと思います。

しかし私には誰にも言えない性癖がありました。それは「ドMで調教プレイが好き」ということです。

もちろんこのことは主人は一切知りませんし、主人との営みはノーマルなものだけでした。

私はとくに言葉で攻められるのがたまらなく好きなのですが、主人はずっと受け身で、行為が終わるとすぐに寝てしまう人でした。

このまま自分の性の欲求を抱えて生きるのに耐えられなくなり、私は出会い系サイトに登録することにしました。

 

掲示板でご主人様募集しました

 

はじめはサイトでSっぽい男性とつながって、メッセージでエッチな指示をしてもらったり、エッチなおねだり写真を送ったりするだけで満たされていました。

しかし自分でしているうちにたまらなくなって、一緒に体の奥を熱くしてくれる人と会ってみたい…と願うようになったのです。

そんなある日、私より20歳年上のおじさまからサイトを通じてメッセージが届きました。

 

主従契約して調教へ

内容は「主従契約を交わして、調教をされないか」という内容でした。

おじさまのことはご主人様と呼び、私の生活の一切を彼の指示のもと動き、週に1日は「ご奉仕の日」を作ってご主人様に直接ご奉仕をする、というものでした。

もちろん私はすぐに了承しました。

 

それからサイトメールを使ってご主人様からエッチな支持がたくさん届くようになりました。

1番興奮したのは、主人が入浴しているときにご主人様とTV電話をし、自分の熱くなっている部分に大人のおもちゃを出し入れするのを見てもらったときでした。

 

そして私の欲求はマックスに高まり、ついにはじめての「ご奉仕の日」を迎えました。
ご主人様は地元が一緒だったので、シティホテルをとってくれて、主人が仕事のうちに会うことになりました。

 

サイトを通じて人と会うのは初めてでしたが、ご主人様はとてもダンディな方で、部屋に入るなり私を手錠でベッドに固定しました。

そしてご主人様が用意したメイド服に着替え、調教がはじまりました。

1つ1つをじらされて、言葉でおねだりしないと快感を与えられない状況に私は興奮し、触れられてもいないのにイってしまいました。

主婦がご主人様と秘密の関係

私はご主人様のものもたくさんご奉仕をしました。こんなに熱い体験をしたのは生まれて初めてで、そこからどっぷりと浸かってしまい、今でもこの関係は継続中です。

 

私のようにサイトで知り合った方と秘密の関係になる主婦の方は多いと思います。

これからも主人にばれないように、楽しんでいきたいです。
【北海道札幌市|20代|女性|主婦】

 

 

 

 

 

出会い系で会った20代のアルバイトしている小柄でロリ系巨乳

40代も半ばになりますが、性欲っていうのはなかなか衰えないものですね。

10代、20代と比べれは若干大人しくはなったと思いますが、それでもまだまだギンギンばりばり状態です。

だもんで、嫁さんだけではとうてい満足できません。

それで、お世話になっているのが出会い系です。

サイトには独身時代からずっとお世話になっていますが、つい最近も大手のミントC!Jメールを使って、すてきな彼女を見つけてしまいました。

22歳のアルバイターの子です。

小柄で顔も小動物系。

ところが脱ぐとけっこうなナイスバディ。

おっぱいも、もむのにちょうどいい大きさで、巨乳フェチではない自分にとってはジャストサイズだと思っています。

・関連ページ >>出会い系ならロリ系元アイドルとホテルで即ハメも夢じゃない

それよりなにより、しまりが抜群なんですよね。

自分はこれまでも「もしかして、これって名器ってやつじゃないの?」という女性と経験したことが数回ありますが、その小動物系彼女のはこれまで経験した女性の中でもほんとによくしまるんですよ。

まるで、しまりに特化して作ったオナホみたい。

なんて言い方したら、彼女に失礼ですかね。

でも、ほんとにそんなふうに形容したくなるぐらいのしまりの良さなんです。

ただ、誰にでも欠点があるもので、残念ながら彼女は上のお口の方のテクがありません。

はっきり言ってしまうと、フェラが下手なんですよね。

ただし、フェラは経験を積めばだんだんじょうずになるに違いありません。

彼女の場合は、年齢的にもまだ経験不足ということなのでしょう。

交際していく中で、自分がレクチャーして、上のお口のテクも磨かせようと思ってます。

若い子とつきあうと、そんなふうに育てる楽しさもありますよね。

【北海道|40代|男性|会社員(金融)】

 

・関連ページ >>サイトで見つけたビッチな黒ギャルはおじさでも即ハメできた