埼玉県」カテゴリーアーカイブ

【さいたま市大宮区セフレ募集体験】アプリから出会った人妻は最高の不倫パートナー

 

人妻との出会いを求めて「アプリ」を利用したことはあるでしょうか?
若い女性も多く、簡単にセフレを作ることができるアプリ内でわざわざ人妻を狙わないという男性は多いかもしれません。
しかし、私はある女性と出会ったことによって「人妻を優先的に狙う」ようになりました。

彼女との体験は今でも忘れられず、人生の中で一番興奮したセックスでしたよ。


(さいたま市大宮区)男性のセフレとの出会いが欲しい人妻は多い

 

独身の頃とは違い異性との出会いが減った人妻たちは、アプリを利用してコミニケーションを求めています。
寂しさを紛らわすために利用していることがほとんどですので、早い出会いにはあまり繋がらないので当時の私が彼女に声をかけたのは暇つぶしをしたいからでした。

「平日昼間にやり取りができる人」を求めていた人妻「優子」(仮名)は、他の女性とは違いメッセージから暗めのイメージがあり最初の段階では全く出会う気にはなれませんでしたね。
しかし、彼女がたまに話す「夫とセックスレスで悩んでいる」「欲求不満が溜まり暇ができるとオナニーをしてしまう」という話は非常に生々しく興味が湧いてきていました。

セックスができないのならば出会う価値はないと私は思っていましたが、優子から食事を誘われ「欲求不満を募らせる人妻とはどんな女性なのか」と気にな会ってみることにしました。


色白人妻は男の情欲を掻き立てる不倫パートナー

 

優子は美人というわけではありませんが、男を誘う色気のようなものがありました。
化粧っ気のない顔はどこか疲れており、幸の薄い印象を引き立てます。
街で見かけたならば気にも留めないでしょうが、生々しい性事情を聞いていたおかげで性欲を抑えるのに必死でしたよ。
透き通るような白い肌、か細い声が私を刺激するものですから正直我慢するのが精一杯でした。
食事の終わりには打ち解けてくれたのか、少し笑顔を見せてくれたまりませんでしたね。

その日はランチだけで解散したのですが、「とても興奮した。
セックスをしたくて自分を抑えるのが辛かった」と正直に打ち明けました。
お世辞だと思ったのかはぐらかされましたが、「ここまで性的にアプローチされたのは久しぶり」とどこか嬉しそうでしたよ。

次に会う時は必ずセックスを誘う、そう宣言していたのですが優子からの出会いの提案はすぐにきました。
伝えているはずなのに誘ってくる、優子も不倫を楽しみたいのだと非常に興奮しましたよ。

車に乗せた優子は前回のように食事だけすると本気で思っていたようですが、私はそのままホテルに直行しました。


欲求不満の人妻のエロい性欲は底が知れない

 

ホテルの駐車場についても「そんな気はなかった。
本気だとは思っていなかった」と俯き、優子は車から降りようとしません。
私はすでに我慢の限界で、彼女の煮え切らない態度に業を煮やし覆いかぶさるようにキスをしました。
抵抗はありましたが強くは拒絶されず、はちきれんばかりに勃起した肉棒を触らせるとぎこちなく撫でてくれるものですからもう止まりませんよ。

強引に車から降ろしましたが、手を握るとギュッと掴み返してくれ覚悟が決まったことが伝わってきました。
部屋に入るなり押し倒し舌をねじ込むと、優子も応えてくれお互いに貪り合うように激しくキスをしてしまいました。

脱がせてみるとお世辞にもスタイルがいいとは言えませんが、かわいらしい下着に意識していたことを読み取れさらに興奮します。
下着に染みができるほどすでに濡らしており、目の当たりにした私は完全に理性が飛んでしまいすぐさま押さえつけて挿入しました。

セックスレスの優子の秘所はぴっちりと閉じていましたが、挿入すると愛液がとめどなく溢れているせいかすんなり奥まで挿入できました。
奥まで突き入れると体を跳ねさせ絶頂する優子に私の興奮は最高潮に達し、腰を掴んで一心不乱に腰を振り続けました。

射精するまで激しく動き続け、自分でも驚くほどの量の精子を吐き出した後にやっと冷静になれました。
顔は汗と涙と唾液、下半身は愛液と精液でドロドロになった息も絶え絶えな優子に少し罪悪感が湧いてきましたよ。
「女性を犯した」という表現がしっくりくるほど彼女は疲れ切っており、射精後の倦怠感と合わさり一気に頭が冴えわたってきました。

ですが、優子は完全にスイッチが入ってしまったようで抜こうとする私を足で引き寄せます。
催促され顔を近づけると頭を掴まれ濃厚なキスをされ、射精したての私にさらに勃起をせがむように腰を擦り付けます。
人生で一番の量が出たほどの射精でしたからすぐには回復しませんでしたが、反対に押し倒された私の肉棒にむしゃぶりついて勃起を促す優子のフェラチオは絶品で無理やり勃起させられました。
今度は私が犯されているような感覚でしたが、お互いに貪り合う獣のようなセックスを味わわせてもらいましたよ。


本当にセックスを楽しみたいなら人妻を狙うべき

 

「あの時のことは今でも覚えているが、理性が飛んでしまって細かいことは覚えていない」と優子はよく言っています。
それほど私たちのセックスは濃厚で、会話をせずに何度も交わる姿は雄と雌でしかありませんでした。

人妻との初めての不倫行為は他では味わえない興奮があり、男性ならば誰でもその快感にハマってしまうはずです。

【大宮区さいたま市、30代、男性、会社経営】
※使った出会い系アプリ:ミントC!Jメール

 

 

掲示板でホ別2で女子大生と割り切りエッチでSMプレイ

私は50代の男性です。日々の仕事のストレスを解消すべく、数年前から掲示板を利用しています。

掲示板では手軽に女性を探し出すことができ、これまでもおいしい思いをしてきました。

 

掲示板で女子大生と割り切りで会う

そのため、掲示板を利用しては若い女性を探しているのです。

先日も、掲示板でおじさんを募集している女子大生と出会うことができました。

 

おじさんでもホ別2でセックスできる

女子大生は非常にメリハリがあり、2万円(ホテル代別)での割り切りを希望していたのです。

私はお金をかけて出会うことに対しそれほど抵抗感がないため交渉をすすめて会う約束をしたのです。

 

SMプレイでお願い

もちろん交渉の内容としては、私の趣味でもあるSMプレイをお願いしました。

私は以前からSMプレイにはまっており、いろいろな女性と楽しんできたのです。

私の場合は自分がSになり、Mとなってくれる女性を求めていました。

そのときの女子大生もかなりのMらしく快く私の要件を飲んでくれたのです。

 

女子大生と会ってすぐエッチ

私は彼女と会う約束をし、自分の車で迎えに行きすぐさまその足で私の部屋に戻ったのです。

そして私は自分なりのプレイを楽しむべく、彼女の服を脱がせたのです。

彼女自身エッチを楽しむべく、かなり卑猥な下着を着けていました。

その下着姿があまりにも淫乱だったので、私は下着をつけたままの彼女をベッドに押し倒し彼女の体をもてあそんだのです。

彼女は体を優しく触られるたびにぴくぴくと反応していました。

そしてその肉つきの良い体をさらにもてあそぶべく、目隠しをした状態でもてあそんだのです。

すると、彼女は目隠しの状態でのエッチを体験したことがないらしくかなり興奮していました。興奮した挙句、彼女のあそこは完全に汁が漏れ出しており、下着がびしょびしょになっていたのです。

そして下着をゆっくりと剥ぎ取り、彼女の体の中にバイブなどを押し付けて遊んでいました。押し付けたバイブを今度は彼女の口に含ませさらによがる彼女の体を触り続けたのです。

彼女は興奮のあまり、潮を吹いていました。

その潮を吹く際の彼女の姿はまさに滑稽でした。そして限界を感じている彼女の体をひたすらいじり倒したのです。

彼女はもう勘弁して欲しいということを何度も言っておりましたが、それでもやり続けた結果、何度も失神しかけていたのです。

そしてその姿を見てある程度満足した私は、自分の欲求を満たすべく彼女の体に挿入して楽しみました。

彼女はここからがやっと本番なんだと改めて感じたらしく、多少の笑みを浮かべて一緒に燃え上がってくれたのです。非常に抱きがいのある体でした。
【埼玉県さいたま市|50代|男性|会社員】

 

【関連ページ】割り切りは掲示板サイトで募集【やり方や相場・値段交渉・おすすめ出会い系紹介】

 

掲示板を通じて会えたガテン系好き美人熟女がエロかった

溶接関係の工場を経営していることもあり、不定期にパートを雇っています。

40代の女性が多いのですが、その中の何人かと深い関係をもった経験があります。

熟女探しで掲示板サイトに登録

そこで熟女の魅力に魅了されてしまい、サイトにいくつも登録することになりました。

やはり、パートの人妻に手を出すのはリスクが多いのです。

サイト内の掲示板では出会うまでに時間は少し時間がかかりましたが、必ず会えると信じていました。

 

最近、私が会ったのはバツイチの40代中頃の熟女です。

宝飾店で働いているという事で太めですが工場には居ないタイプのなかなかの美人です。

サイトでメールの交換をしている時はちょっと自分のレベルでは無理かなと思ったくらいです。

 

エロ目的だったので美人熟女とホテルへ

その女性と待ちあわせてそのままホテルへ直行しました。
身なりもきちんとしていて、普段着の私はちょっと気後れしました。

後で、考えればお茶くらいはした方が良かったのかもしれませんが、ちょっと対照的な二人という姿を見られたくなかったのかもしれません。

彼女はサイトではガテン系の若者が好きと書いていたので、きちんとした服を着ていくより普段着の方が良いと勝手に思ってしまったのです。

ガテン系が好きと言うだけあって彼女は激しいセックスを求めてきました。

 

ガテン系好き熟女との激しいセックス

少し荒々しく抱きしめキスをすると、舌を大胆に突っ込んできます。

戦闘開始!と思わせるディープなキスでした。

そして私は、ベッドで彼女の豊満な彼女の肉体を楽しみました。

女の体ってこんなに柔らかだったんだという感じです。

胸も腹部も尻もプニプニしていて可愛かったです。

彼女のあそこは濡れ濡れでしたので、前戯もそこそこに彼女に荒々しく肉棒を突っ込みました。

ピストンを強めると体を左側にのけぞらしハーーッ!という声を上げ始めました。
のけぞると脂肪が揺れます。

感じる?と聞くと、もっと強く、もっと奥まで突いて!とリクエストされました。

最中にそういう事を言われたことが無かったのでちょっと戸惑いましたが、これが嫌らしくて刺激的なのです。

少しすると彼女の体からは汗が噴き出してきました。
全身濡れ濡れといった感じです。

顔を見ると眉間にしわを寄せ、頬を紅潮させてよがっています。
感じやすい女なんだと思いました。

本当はもっともっと声を出して欲しかったのですが、それ以降はハーッ、ハーッばかりでした。

彼女には客からセフレになった男が一人いるそうですが、セックスは地味なので少し乱暴な男に抱かれてみたかったと言っていました。

そういう女の願望を実現させてくれるのが出会い系サイトの魅力なのでしょうね。

それは私にも言えることです。

お互いが欲しているものをお互いが提供する場所が出会い系サイトです。

出会い系サイト最高!叫ばずにはいられません。
埼玉県さいたま市 50代 男性 溶接会社経営

 

・関連ページ >>熟女とやりたい男性必読!エロい熟女とセックスする方法とおすすめサイト

 

即会い掲示板で出会った男性と3Pで舐めプレイ

私はとても性欲が強く、自分でも毎日オナニーをしてしまう女です。

そんな変態な性格なので、彼氏になる人も変態さんばかりでした。
ラインなどで裸の写真を送ったり、テレビ電話などで見せ合いっこなどして楽しんでいました。

 

即会い掲示板で男性探し

彼氏と別れてしまい、見せ合いっこできる相手もいなくなってしまいました。

そんな私が最近はまっているのが、掲示板です。

掲示板を知ったきっかけは、いつもオナニーするときに使っているエッチな動画サイトにリンクが貼ってあったことです。

そのリンク広告には「即会い」と書いてありました。

お互いエッチなことを求めていて会えるのなら、こんな話の早いことはないなと思いすぐに登録しました。

 

そのサイトには性癖やフェチをチェックして記入できる欄があり、プロフィールを見ればその人がどんなプレイが好きなのかわかるようになっていました。

私はサイトに登録した時点でエッチな気分になっていたので、男性からのコンタクトを待つ前にすぐに自分から男性を検索し、メッセージを送っていきました。

 

舐めプレイして欲しい

 

そして、私には性癖があります。それは「舐めプレイ」が大好きという性癖です。

エッチの最中、とにかくずっと体を舐められるのが大好きで、今までは彼氏にしかお願いしたことがありませんが、願望としては複数の男性に体を舐めまわされたいと妄想していました。

 

3Pの複数プレイ

 

掲示板の性癖チェック欄に「複数プレイOK」の欄があったので、これなら舐めプレイできるかも…?とドキドキしていました。

私はサイトを使って「複数プレイOK」にチェックが入っている男性にメッセージを送りました。

そして3人の男性が私と舐めプレイしてくれると言ってくれたのです。

早速日取りを合わせて、3名以上入室OKのラブホで待ち合わせすることにしました。

当日ラブホ前で待ち合わせし、全員でホテルに入りました。男性たちはエレベーターに乗っている最中も「凄いエッチな女の子だね~」と私のお尻や胸をじろじろ見ていました。

その時点で興奮して濡れてしまって、部屋に入ってお酒を飲んだあとにすぐに全員でオナニーの見せ合いをしました。

そのあとは私の希望通り、男性3人に跨って全身を舐めてもらいました。

体がぞくぞくして最高の気分になり、我慢できずに自分で指を挿入しすぐにイってしまいました。

 

こんな最高なエッチ体験ができるなら、彼氏なんていらないなと思ってしまいました。

今でもムラムラしたときは男性3人と会って、全身を舐めてもらっています。
【埼玉県|20代|女性|飲食店員】

 

 

 

M願望の女ですが掲示板で割り切った出会い探しをして見つけた男性

M願望の女です。

SM体験がしたくて掲示板での出会いを求めました。

ずっとM願望があり、けれど身近な人とはしたくないという矛盾。要は割り切った関係で体験してみたくて、出会い系に登録をしました。

 

掲示板でM願望を満たしてくれる男性探し

 

ただもちろん誰とでもいいわけでもなく、危険も伴いますので、サイト内の掲示板を使って探して、慎重にメールを重ねました。
そして会う日がやってきました。

遠すぎず近すぎずの距離の駅で待ち合わせです。

 

待ち合わせに来た50代のSな男性

 

サイトを通じて知り合った彼は20歳くらい年上の50代の方で、本番はできないということでしたが、お互いの指向がSMなので何の問題もなく逆に生でされる心配がなくてよかったといえます。

 

ホテルでSM開始

 

ラブホに入り、優しい口調のまま、全裸になりなさいと命令されました。

彼は服を着たままわたしだけが全裸になり彼の前に立たされます。

そして突然乳首とクリを強く引っ張られ、こうされたかったんだよね?もっといじめてほしかったら後ろを向きなさいと言われました。素直に後ろを向くと、ファーで包まれた手錠と首輪をはめられました。

首輪を引っ張られ後ろ手に手錠のまま鏡の前に連れていかれました。

そして乳首とクリに緩めのクリップをはめられ、緩いからそんなに痛くはないでしょ?でも凄い格好だよ!と。

 

この段階ですでにヌルヌルのあそこにいきなりバイブ、アナルにローターを入れられました。バイブを出し入れされながら、気持ちよくなってるだけじゃ満足しないよね?とパドルでお尻を叩かれます。痛みと気持ちよさで立っていられなくなりました。

 

痛いお仕置き

 

イってもいないのに勝手に座り込んだお仕置きをしなきゃね、と。

乳首とクリのクリップを外され、乳首に普通の洗濯ばさみをはめられ、クリを足の指で弄られます。

 

乳首痛いね?でも足で弄られてるのに気持ちいいみたいだよ?これじゃあお仕置きにならないかな?と。

手錠を外され、ベッドに寝て足を開きなさいと命令。洗濯ばさみは痛かったけれど、つけたままベッドへ移動し足を開きました。

 

靴べらを持って現れた彼は、パドルだとここは上手く叩けないからねと笑い、何をされるかわかるよね?と。

そしてクリを叩かれます。

 

痛くて体に力が入ります。でも2~3回叩いては指で弄られ、体の力が抜けたところにまた叩かれ。

乳首を洗濯ばさみで挟まれて、自ら足を開いて、クリを叩かれながら濡らすなんて変態だねと笑われます。

 

ここで首輪を引っ張られすぎたことが原因なのか吐き気に襲われてしまいました。全て外してもらい水を飲んで休憩しましたが治まらず終わりにすることになってしまいました。

彼はもちろん私もイクことなく終了です。

 

こうしてサイトで出会った最初の人との体験は、お仕置きされて終わりという中途半端な体験になりました。
20代、女性、埼玉県在住、事務

 

 

 

大人の出会い掲示板で近所の女の子を見つけて定期的にエッチしてる

ネット上で出会い系サイトの記事をよく見かけるので読んでみると女性と楽しく遊べたという話が多いです。

それで自分も女性と楽しく遊びたいという軽い気持ちで出会い系サイトに登録してみる事にしました。
それで無料ポイントがもらえたので一緒に楽しめる女性を探してみる事にしました。

 

大人の出会い掲示板で女の子探し

 

出会い系サイトには普通の出会いを求めている掲示板だけでなく大人の出会い掲示板もありました。

自分は大人の出会いを求めて出会い系サイトに登録をしたのでもちろん大人の出会いを求めている掲示板を利用する事にしました。

 

大人の出会い掲示板を閲覧してみると欲求不満になっている女性の投稿がたくさんありました。

中には過激な言葉を使って大人の出会いを求めている女性もいたので少し驚きましたが、とりあえず27歳のフリーターの女性が気になったのでメッセージを送ってみました。
それで返信を待っていたら20分後に来てやり取りを開始しました。

 

近所の女の子とLINE交換成功

女性とサイトでやり取りをしていると近所だという事が分かったのでこれから会ってみようかという話になりました。
それでLINEのIDを交換して女性と会ってみる事にしました。

 

サイトでやり取りしていた女性が近所でしたので自宅近くのコンビニまで来てもらう事にしました。

それで女性からコンビニに着いたとLINEで連絡が来たら自分もコンビニまで行きました。

それでコンビニで女性が一人で待っていたので声をかけたらやり取りをしていた女性でした。

 

露出が多くてエロい女性がいた・・・

女性は白のミニスカートにノースリーブと肌の露出が多い服装をしていたのですごくセクシーでした。

 

コンビニで缶ビールを買って自分の部屋で女性と一緒にお酒を飲んでから楽しむ事になりました。

それで最初に缶ビールを飲んでお互い適度に酔ってきたらそのままの流れで女性と絡みだしていきました。

 

大人の出会い掲示板で知り合っただけあってエッチ開始

キスをしながら女性の胸を揉んだりスカートの中に手を入れたりして刺激を与えていきました。

女性もかなり興奮した状態になってきて絡み方も激しくなっていきました。
それでお互い大きな声を出しながら欲求不満を解消していきました。

終わった後はお互い汗だくになっていましたが、すごく気持ち良かったのでまた今度楽しもうという事になりました。

 

掲示板の女の子とは定期的に会うセフレの流れ

 

近所の女性なので現在でも定期的に自分の部屋に誘って楽しんでいます。

女性とはセフレのような関係になっているので現在では性生活も充実していてこれからも刺激的なエッチをしながら楽しんでいきたいと考えています。
【埼玉県|40代|男性|営業職】

 

 

 

 

 

スカイプ系の掲示板で知り合ったM女性

自宅で仕事をしているので、気晴らしになる異性の話し相手でもいればいいと思ったのだが、そのスカイプ系の掲示板サイトは若い子が多く、男女ともに「一緒にゲームできる人」とかいった書き込みが多く、難しいかなと思った。

 

諦めかけていたときに「Sの年上男性募集」という書き込みに目がとまった。

 

声をかけると23歳、なかなか本当のSの人がいなくて演技ばかり、やっとそうかと思ったら最後に「本当はマゾなんです、いじめて下さい」という若い男でうんざりしたとの事。

そうしていくつかのサイトを渡り歩いて、ここにも書き込んでみたとの事だった。

アニメ声ではあるけど話はしっかりしているし、頭もいいようで話も弾み、会う事になった。

スカイプでは互いにカメラはつけずに通話だけだったのでルックスに若干不安があったが、会ってみると子供のように背が低くてかわいらしい感じの子だった。

 

以前に40代の男性と付き合っていて、その人とはSM系のサイトで知り合い、SM関係にあったそうだ。
それ以外にも男性経験は豊富なようで、彼女が経験してきたセックスの話は面白かった。

 

途中でおもちゃの首輪とロープを買い、ホテルに行った。
若いので肌が綺麗で唇もやわらかい。

 

体を合わせてひと通りの事をすると彼女も感じてくれるのだがどこか余裕があるというか、セックスに慣れている印象だった。

ところが、目隠しして足を縛った途端に彼女の声が変わった。

 

「縛られて感じちゃうんだ」「すごい濡れてるよ」「こういう所もどんどん開発されて快感を覚えるようになってマゾに堕ちていくんだよ」…言葉で彼女を嵌めていくと、何度も我慢させられた彼女の方から求めてくるようになった。

最後には求められて激しく絡みながら中に出した。
「仕事で出会う人とはこういう事を出来ない。

 

相手はサイトで出会うしかないんです」なんて彼女は言っていたが、それ以降もう3年以上彼女との関係が続いている。
埼玉県、40代男、プログラマー

保険のサイトを通じて知り合った男性と自宅でセックス

私たち夫婦の先行きを安泰にするためには、保険に加入するのが一番だと思いました。

ですが保険の事を何一つわからない私ですから、ネットの保険のサイトで勉強する事にしました。
するとその中の一つのサイトに、自宅で保険の見積もりを無料でしてくれるというものがあったのです。

これなら保険について無知の私でも、安心して保険に加入できると思い、サイトを通じて申し込んでみたのです。
そして数日後、一人の男性が家に訪れました。

私は男性に、家の家族構成や経済状態を伝え、家にぴったりと合った保険を見積もってもらいました。
この日はこれで済んだのですが、後日分からない事があったので、またこの男性に家に来てもらったのです。

男性はすっきりとした顔のイケメンで、笑顔がとても素敵で、私はいつしか男性の虜となっていました。
そこで私は男性と会う為に、何だかんだと理由を付けて、この男性を家に呼んだのです。

話すだけでは我慢できなくなった私は、彼に色目を使ってみました。
そしたら行き成り私の肩に手をやり、キスをして来ました。

私は更に彼のやる気を奮い起こさせようと、服を脱いで下着一枚になったのです。
まんまと彼は私の策に乗り、私の胸を下着の上から揉んで来ました。

しばらくすると彼は私の下着を上も下も剥ぎ取り、本格的に私の体を弄びだしたのです。
私があ~んいや~と喘ぎ声を上げると、彼のアソコはカッチカチに固くなり、それを私の中に押し込んで来たのです。

そしてふんふんと声を上げ、腰を動かし始めました。
彼のモノで私の頭の中は真っ白となり、イキ果てました。

そして彼も私の中に熱いどろっとした液体を放出させて、イキ果てたのです。
私たちはこれで大人の恋人関係となり、彼は保険の外交員として家に訪問して関係を結んでいます。

埼玉県・30代・女性・主婦

家庭教師のサイトを通じて知り合った男性とイケない関係に成りました

夫が海外出張となり、たくさんの暇が出来た私は、家の片隅でほこりをかぶっているピアノを弾いてみる事にしたのです。
ですがどうにも上手く弾けないので、ピアノを教えてくれる所をネットで探す事にしました。

ネットのサイトを色々と見ていた所、家庭教師のサイトを発見したのです。
家庭教師なら外出せずに教えてもらえるからいいなと思い、サイトを通じてピアノの家庭教師を派遣してもらう事にしました。

家庭教師の先生は若くてイケメンで、私は心がときめいてしまったのです。
先生に手とり足とり教えてもらっている内に、私は先生の事がどんどん好きになってしまいました。

ある日ピアノのレッスンの後、先生にお茶をお出ししようと思ったら、誤ってお茶を先生の股間にこぼしてしまったのです。
それで私は慌てておしぼりを手に取り、先生の股間を拭きだしたのです。

すると先生の股間が、どんどん膨らみ始めました。
私はそれを見て、少し顔が赤らんでしまいました。

そしたら急に先生が、私にキスをして来たのです。
行き成りだったので最初は抵抗しましたが、徐々に抵抗をやめ、先生のキスを受け入れました。

それから私たちはお互いに服を脱ぎ、ソファで抱き合いました。
夫の出張で性欲が溜まっていた私は、彼の体を激しく求め、自分でも驚くくらい積極的にセックスを楽しんだのです。

彼のたくましいモノが入って来た時には性欲を全開させ、けだものの様に腰を揺り動かし続けたのです。
そして私は快楽の中イキ果て、彼も私の中に熱い液体を放出させてイキ果てました。

これ以後私たちは、先生と生徒という関係から、大人の恋人関係へと変わったのです。
今では先生にピアノを教えてもらいながら、セックスも楽しめるようになり、日々幸せな時間を過ごしています。

埼玉県・30代・女性・主婦