東京都

【中野区中野ブロードウェイ】女装願望をアプリで打ち明けたらアブノーマルなエッチを教え込まれた

【中野区中野ブロードウェイ】女装願望をアプリで打ち明けたらアブノーマルなエッチを教え込まれた

僕には、人に打ち明けられない願望がありました。
昔から女の子の服を着てみたいという願望があり、一人暮らしをしてからは実際に女装してみるまで時間はかかりませんでした。
最初はそれだけで満足していたのですが「誰かに見て欲しい」という思いが強くなり、アプリで人目につかないよう自撮り画像を載せて楽しんでいたのです。

女装をするとはいっても、男性が好きというわけではありません。
ただただ可愛い服を着たいという思いがあった上での女装であるだけで、僕が好きなのは女性です。

自撮り画像を載せていると男性も女性もたくさんの人に声をかけてくれ、日常で抑圧されていた思いを発散することができました。
アプリにどんどんのめり込み、毎日のように自撮り画像を撮影している時に声をかけてきたのがカオリさんです。

彼女は僕の内面を見透かしており、自分でも気づいていなかったいやらしい欲望を自覚させてくれました。
彼女は僕に、こんなメッセージを送ってきたのです。

「君、女の子に犯されたいんでしょ?」

(中野区中野ブロードウェイ)アプリにはアブノーマルな出会いが多い

アプリにはアブノーマルな出会いが多い

たくさんの人に声をかけてもらうようになると、アプリはエッチな出会いが多いんだなと学んでいきました。
女装だと言っているのにオナニー画像や動画を送ってくる男性もおり、女性からのエッチな誘いも少なくはありません。
もちろん僕も性的なことに興味はありましたから気持ちは分かりましたが、あくまで女装を楽しむためにやっていたことですので出会うことはありませんでした。

・関連ページ >>TikTokは出会いの場として使える?出会い系アプリみたいに本当に出会えるのか徹底的に検証

 

今考えたら分かるのですが、当時の僕は承認されるという優越感に浸っていたのかもしれませんね。

カオリさんからのメッセージも、その他大勢のエッチなことを目的としている人たちからのメッセージと変わらないと初めは思っていました。

しかし、一度自覚してしまうと自分ではどうしようもないほどに意識してしまい、毎日のように僕は妄想してしまいます。
女の子に犯されている妄想をしてのオナニーの回数は増え、自撮り画像の露出も増えていきます。
無視をしているにも関わらずカオリさんはメッセージを僕に送り続け、自撮り画像の感想をくれます。
エッチな画像を送られることもあり、卑猥な言葉で僕を煽る彼女にもう我慢の限界でした。

会って欲しいという僕からの提案は突然でしたが、カオリさんは僕の膨れ上がる思いを見透かしていたのかもしれません。
すぐに了承され、中野ブロードウェイでデートすることに決まりました。

女装デートで快感を植え付けられる

女装デートで快感を植え付けられる

カオリさんは、僕の自撮り画像の中でも特に露出が多いミニスカートでの女装をデートの服装として指定しました。
メイクを何時間もかけて行いウィッグも完璧であり不自然に思われることはないとは思うのですが、あのカオリさんと会うのだと思うと緊張しましたね。
僕の願望を見透かしてエッチな願望を煽ってきた大人のセクシーな女性、カオリさんはそんなイメージでした。

そのせいで、待ち合わせ時間になってもカオリさんをなかなかみつけられませんでしたよ。

彼女は僕の肩ぐらいまでしかない、身長が低い可愛らしい女の子でした。
アプリでのイメージからは程遠く、童顔で小柄な彼女がカオリさんだとは信じられません。
口を開くといつもの彼女のような卑猥な言葉のオンパレードでしたが、声も可愛らしいのでいつもの妖艶な魅力はなく笑ってしまいましたね。

しかし、小柄なカオリさん一緒にデートをするとなると先ほどまでとは違う緊張がこみ上げてきました。
彼女は意識しているのか僕と同じような服装であり、嫌でも僕が目立ってしまいます。
「男の子だってバレたらどうしよっか?」と人目につかないようにお尻を撫でられ、いつものカオリさんの妖艶さが少し感じられましたね。

彼女と一緒に行ったのは、コスプレグッズが多いお店です。
「私じゃサイズ的に着れないんだよね。」と言いながら僕にどんどん試着するコスプレを手渡して、見せるたびにキャーキャー言っており僕は着せ替え人形のようでしたよ。
中野が近いからそこでデートしようとカオリさんは言っていたのですが、これが目的だったのでしょう。
褒めてもらうことは嬉しいですが、なんの衣装かも僕は知らなかったですから少し疲れましたね。

度重なる着替えに疲れが本格的に見え始めたころでした。
突然カオリさんは試着室に乱入し、僕の下半身を丸裸にします。
「汚しちゃダメだよ?」と言われながら口を抑えられながら手で扱かれ、勃起させられちゃいました。
それを確認すると、カオリさんは口で激しく咥え始めます。
声を必死に我慢しながらとにかく早く終わって欲しいと耐え、本当に犯されている気分でしたよ。

口内で射精したにも関わらず何事もなかったかにようにカオリさんは試着室から出ていき、一瞬何が起こったのか把握するまで時間がかかりましたよ。

そこからのカオリさんは、やりたい放題でした。
人目につかない場所を見つけると僕を連れ込み、ミニスカートに手を入れて扱きます。
出した直後でしたからすぐには勃起しませんでしたが、勃起すると即座に咥えられ射精させられることを何度も繰り返されるうちに条件反射のように勃起するようになってきましたよ。
不意に勃起した時はカオリさんの手を引くと察してくれ、にんまり笑って抜いてくれます。
1日かけて僕からお願いするようにされてしまいましたね。

「こんなに可愛い服着てるのに精子いっぱい出るんだね。」

カオリさんは非難するような言葉で僕を煽りましたが、とても嬉しそうでした。

近場のラブホテルに連れこまれ本当に犯される

近場のラブホテルに連れこまれ本当に犯される

「ホテル行こっか。」と誘われ、僕は頷くことしかできませんでした。
中野ブロードウェイから近い立地のせいなのか平日でしたが「ローリエ」というラブホテルはほぼ満室でした。
「部屋空いててよかったね。」とすでにパンパンに勃起している僕のミニスカートの上から撫でられ、もう彼女に抵抗できませんでしたよ。

部屋に入ると、すぐにベッドに押し倒されました。
僕の顔の上に跨り、カオリさんはとろとろに愛液を溢れさせた性器を僕に押し付けます。
「ここで君のこといっぱい犯してあげるね。」「いっぱい気持ちよくしてあげたんだから私にもご奉仕しなきゃダメだよ。」言葉で煽りながら押し付けてくる彼女の秘所を必死で舐め、今から可愛い女の子に犯されるんだと思うと興奮が抑えられませんでした。

満足したのかカオリさんは顔から腰を上げ、僕と彼女の性器を騎乗位の体勢で擦り合わせます。
にゅるにゅる、クチュクチュ、卑猥な音と感触がゆっくり伝わってきてそれだけでもう射精しそうです。
「男なの子なのに犯されちゃうね。恥ずかしくないの?」彼女の言葉に羞恥心を取り戻しますが、股間に伝わる快感で僕はもう我慢なんてできません。

カオリさんは僕に言葉で言わせたいらしく、ニヤニヤしながら素股だけを繰り返します。

「犯してください。」と言うまで、10分以上は素股で焦らされました。
彼女に聞こえないくらいの声で言った筈ですが、その瞬間一気に挿入され即射精しちゃいましたよ。

射精した僕に構わず、カオリさんは腰を振り続けます。
「女の子みたいな声出ちゃってるね。」と言いながら乳首を責め立て、「犯されちゃって恥ずかしいね。」と言いながら挿入部分を見せつけてきます。
彼女の言葉に反論することはできず、ただただ犯され続けましたよ。

アブノーマルな主従関係が出来上がった

アブノーマルな主従関係が出来上がった

カオリさんは僕が満足するまで責め続けてくれ、行為が終わった後には全身綺麗にしてくれます。
体力がない小柄なカオリさんはいつも僕以上にヘトヘトになっているのですが、気にしなくていいと頭を撫でてくれ主従関係とはこういうものなのかなと教えてもらっています。

中野ブロードウェイでデートをし、「ローリエ」で欲望を発散させてもらうコースは僕たちの定番になりつつあります。
一度彼女好みの男装コスプレでエッチをしたのですが「興奮しない。」と言ってすぐに女装させられたので、カオリさんの性癖も相当変わっていますね。

お互いに相性ぴったりの相手と知り合えたので、アプリを使ってよかったとつくづく思います。
【中野区中野ブロードウェイ・20代・男性・サラリーマン】
※使った出会い系アプリ:ミントC!Jメール







ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>