ブログ

スワッピングしたい夫婦・カップルを見つける方法|プレイに関する注意点も解説

夫婦・カップル間でお互いのパートナーを交換してセックスを行うスワッピング。
多くの人には受け入れられない行為ですが、スワッピングしたいというカップルは密かに存在します。

スワッピングをしたい人達が多いか少ないかで言うと、したいという意見は極めて少数派です。
故に相手カップルが中々見つからない、という悩みを抱えている人が多いようです。

また「したいけど言い出せない」という人や「旦那はしたいけど嫁は拒否」と、どちらかが拒否して出来ないと悩んでいる人達もいます。

今回はスワッピングしたいけど、相手カップルがいないという悩みを持つ人のために、「スワッピングしたいカップルを見つける方法」を解説していきます。

他にもスワッピングの魅力や、プレイの際の注意点も解説していきますので、スワッピングをしたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

スワッピングの魅力とは

旦那はスワッピングしたいけど嫁は拒否することがあると書きましたが、スワッピングはカップル間のパートナーの交換なので、どちらかが拒否すると成立しません。
スワッピングの魅力を理解してもらわないことには、中々了承を得るのは難しいでしょう。

そこで、スワッピングの魅力を改めて理解し、パートナーを説得できるように「スワッピングの魅力」を解説していきます。

最初はスワッピングに否定的だったけど、やってみるとすごく興奮してハマってしまったという女性も多いと聞きます。

魅力を伝えずただ頼み込むよりは、相手にも何かしらメリットがあることを伝えた方が、受け入れてもらう確立は上がるでしょう。

マンネリ・倦怠期を脱することが出来る


夫婦・恋人の関係が長いと、どうしても倦怠期が訪れセックスがマンネリ気味なったり、最悪セックスレスになったりします。

スワッピングはそんな状況を打破するために有効的です。
単純に新たな刺激を得られマンネリ打破という効果もありますが、パートナーが他人に犯されている場面を目にする事によって、嫉妬心を感じ愛を再確認するということも考えられます。

スワッピングをしたことにより、「妻が何かに目覚めた」という体験談がヤフー知恵袋の回答にあったので一部抜粋して紹介させてただきます。

そればかりか、知人に開発されたのか、私以外の男性と関係を持った事で何かに目覚めたのか、私とのセックスでも以前より感じやすくなっている様ですし、以前では恥ずかしがってなかなかしてくれなかったフェラも自分からしてくれる事もあるくらいになっています。
引用:ヤフー知恵袋

スワッピング前後でパートナーに変化があったというのは、まさにマンネリ打破の成功です。
こちらの体験談はスワッピングの魅力がリアルに語られているので、ぜひ一度リンク先のベストアンサーをご覧ください。

妻や彼女が他人に犯され乱れている姿に興奮出来る


スワッピングはパートナーが他人に犯されていることに興奮する、「寝取られ願望のある人」が好むプレイです。

自分の彼女や嫁が、他人のペニスで気持ちよくなり快楽に堕ちていく様は、寝取られ願望のある男性にはたまらない光景です。

寝取られ願望だけではなく寝取り願望もある人は、その光景に興奮し相手のパートナーを犯すことで、さらなる興奮を得ることが出来ます。

セックスを見られることにより快感を得られる


女性は男性と違い、旦那や彼氏のセックスを見ることに興奮するのではなく、自分が乱れているところを見られることに興奮します。

また旦那や彼氏の前で、他人に犯されているという背徳感がさらに興奮を高めます。

悪いことをしているという背徳感と、見られているという羞恥心を同時に感じることは、スワッピング以外では味わうことが出来ないので、大きな魅力の一つと言えるでしょう。

最初は拒否していた女性がスワッピングにハマる理由は、まさにこの部分にあります。

嫁・彼女自慢が出来る


男性の心理として、自分の嫁や彼女が魅力的な場合、周りに自慢したいという思いがあります。

顔の可愛さ
魅力的でエロいスタイル
敏感な感度や乱れ具合

などを相手の男性に感じてもらい「うちの嫁(彼女)ヤバイ(良い)でしょ?」と自慢して、優越感を得られるという魅力があります。

自分のテクニックや男性器を自慢出来る


自分のテクニックやペニスのサイズに自信がある男性は、それを披露して「すごい!」と認めてもらいたい願望があります。

とくに相手の女性を何回もイかせたり、「うちの旦那(彼氏)より大きくて気持ちいい」のようなことを言われると、男性はとても優越感に浸れます。

興奮や優越感に我を忘れて、自分の嫁や彼女に「私以外の人だとあんなにも激しいセックスするのね」と思われないよう注意して、本命へのフォローを怠らないようにしましょう。

スワッピングしたいカップルと出会うには

スワッピングの魅力がわかり、したい気持ちがより高まってしまったかもしれません。
そこで次は、スワッピングの相手カップルを探す方法を見ていきましょう。

いずれの方法もスワッピングしたいカップルを見つけることが出来ますので、自分に合った方法で探してみてください。

ハプニングバー・カップル喫茶


スワッピングしたいカップルを探す方法の中で、定番と言えるハプニングバー。
色々なSMプレイや複数プレイなど、アブノーマルな趣味を持った人たちが集まる場です。

そして、店内で出会ったお客さん同士でセックスを楽しむ目的で来ている人が多く、まさにスワッピングをしたいカップルを探しに行くには最適の場です。

基本的に会員制で、店舗でルールが設けられているので、おかしな人がいるという危険性はなく安全に楽しむことが出来ます。

しかし、店内にどんな人たちが集まっているかは、その日お店に行かないことにはわかりません。
お客さんが少なかったり、スワッピングOKの人が必ずいるとは限らないので運が絡んできます。

また、初対面の人達と一からコミュニケーションをとり、目的や性癖を伝えたりしないといけないので、コミュニケーションが苦手な人だと、進展のないまま終わるということもありえます。

ハプニングバーの特徴まとめ

・身分証を提示して会員登録をする必要がある
・アブノーマルな性癖を持った人たちが集まっている
・入店する段階で料金がかかってくる
・田舎だとお店が無かったり少ない
・必ずスワッピング出来るわけではない

出会い系サイト


出会い系サイトでも、スワッピングをしたいカップルを探すことが出来ます。

出会い系サイトといえば、

・パパ活や援助目的の女性が多い
・モテないむさくるしい男達が登録している
・悪徳業者がいる

といった悪いイメージがあるかもしれませんが、まともに運営されている出会い系サイトでは、ハプニングバーのように様々な性癖を持った人たちの出会いが生まれています。

スワッピングをしたい人は、20代後半以降の精神的に大人な人達が多く、真面目に相手を探している人ばかりなので、冷やかしなどはなくスムーズに相手が見つかります。

また自己紹介や会うまでのやりとりは、メールや電話で行えるので、対面でのコミュニケーションが苦手な人でも無理なくスワッピングまでの段取りをすることが出来ます。

出会い系サイトを利用するために、多少の料金は必要になってきますが、スワッピングしたいカップル探しとなれば2000円もかからないでしょう。

出会い系サイトの特徴まとめ

・アブノーマルな性癖を持った人たちが集まっている
・ハプニングバーのように顔を合わさず相手を探せる
・対面でのコミュニケーションが苦手な人でも話を進められる
・ネット上で完結するのでハプニングバーのように地域差がない
・小額でスワッピングの相手を見つけられる

友人知人の夫婦・カップル


友人知人というリアルな繋がりから、スワッピングの相手を見つけることも可能です。
「とは言っても具体的にどうするの?」と多くの人が疑問を持つと思いますので、例を挙げてみます。

具体的な方法は

・性の悩みとしてお互いの嫁に真面目に提案する
・宅飲みや旅行を計画し嫁達を酔わせてその場のノリという形で行う

の2つです。
「その場のノリ?」と思う人もいるかもしれませんが、自宅や旅行先で酔った勢いでスワッピングをしたというのは、よくある話です。
これらを計画を立てて行うことによって、スワッピングがより現実的になります。

旦那同士で会話をしている時に、嫁との夜の話題を振ります。
そこで「うちは最近全然しない」のような話が出てきたら、「うちもだわ。スワッピングってどう思う?」と提案をします。
男同士なので、これくらいであれば軽いノリで切り出すことは出来るでしょう。

ここで意気投合したら、旦那同士で計画を立てて上記の2つの方法に持って行きます。
多くの人は真面目に提案するよりは、自宅で夫婦揃って飲むという方が実行しやすいでしょう。

その場合のポイントは、無理して1回目の飲みでスワッピングへ持っていこうとしないことです。
出来そうな雰囲気の場合はOKですが、最初はお互いの嫁の体に触れられるようになるくらいを目標に焦らずにいきましょう。

ポイントは裏で旦那同士が繋がっていることです。
旦那同士の入念な計画が、いかにスワッピングに繋がるかにかかってきますので、二人で色々なシュミレーションを行い実践してみましょう。

友人知人夫婦とする際の特徴まとめ

・旦那同士の入念な計画がポイントになる
・人脈の数に依存するので友人が少ないと難しい
・今すぐは出来ない
・確実に成功するとは限らない

PCMAXでスワッピングの相手を探す方法

今回紹介したスワッピングしたいカップルを探す方法で、多くの人が取り組みやすいのは「出会い系サイト」だと思います。

そこで筆者が実際に出会い系サイトを使い、スワッピングの相手が見つかるか検証をしてみました。

出会い系サイトでスワッピングの相手を探す際に重要なことは

・会員数が多い
・アブノーマルなカテゴリがある
・キーワード検索機能がある

これらの条件を満たしたサイト選びです。

スワッピングはマニアックな性癖なので、会員数が多い方が見つかる確立が上がります。
また、アブノーマル系のカテゴリとキーワード検索があることによって、効率よく相手を見つけることが出来ます。

今回はこれらの条件を満たした「PCMAX」という出会い系サイトで検証を行ってみました。

プロフィールからスワッピングしたい人を探す

PCMAXでスワッピングしたい人を探す方法の一つに「キーワード検索」を使うという方法があります。
下の画像のように、トップページの「キーワード」を選択し、次の画面で「スワッピング」と入力します。

キーワードはこの他に

・夫婦
・カップル
・交換
・4P
・寝取り
・寝取られ
・見せ合い

なども有効なので、色々な検索を試してみてください。


検索結果は下の画像のようになりました。
見事にスワッピングに興味のある人が表示されました。
やはり年齢は高めで、真面目に探している人が多い印象があります。

試しに1人プロフィールの詳細を見てみました。
プロフィールに、ここまで細かく条件を書いていることに真剣さを感じます。

このように具体的に条件を書いている人は、メールを送れば返事をくれる可能性が高いので、見つけたら逃さないように、お気に入りに登録しておきましょう。(画像の下部の「お気に入り登録する」をタップすれと、簡単にこの人にアクセスできるようになります。)

掲示板からスワッピングしたい人を探す

続いて掲示板でキーワード検索を使い、スワッピングしたい人を探してみました。

トップページの「掲示板検索」を選択し、次のページの最下部の「キーワード検索」に「スワッピング」と入力し検索します。
ここでもプロフィール検索の時に紹介した、他のキーワードも有効ですので、試してみましょう。

すると以下のように、スワッピングに興味のある人達の募集が表示されました。

募集内容を一つ覗いてみると、こちらの人も文末にしっかりと条件を書いていて真剣さを感じます。

もし気になった募集があり、まだ誰もメッセージを送っていない場合は、このページからメールを送ってみましょう。
これだけで、すんなりと相手が決まってしまうことも十分あります。

掲示板でスワッピングしたい人を募集する

最後に掲示板で募集をする方法を紹介します。
プロフィールや掲示板で検索すると同時に、募集も行えば、より相手が見つかる確立が上がります。
とくに募集は多くの人の目に止まるので、必ず書き込んでおきましょう。

トップページより「掲示板に書き込む」を選択します。


投稿するジャンルは、「アブノーマル・SM」または「既婚者」を狙うのもありです。
投稿は1日1回無料で行えるので、日によってジャンルを変えて投稿し、どちらが反応がいいのか試行錯誤してみるといいでしょう。

ジャンルを選べば、タイトルと本文を入力して完了です。


タイトルと本文ですが、筆者がキーワード検索をしたように相手もキーワード検索している可能性があるので、「スワッピング」は勿論ですが、他の「寝取られ」「カップル」などのキーワードも自然な感じで詰め込んでおきましょう。

スワッピングする際の注意点

スワッピングの相手カップルが見つかれば、いよいよプレイを楽しむことができます。
しかし相手が見つかったからと言って、安心してはいけません。

実は「スワッピング時によくあるトラブル」というのがいくつかあります。
トラブルを防いだり、スムーズにプレイが出来るように、スワッピングにおける注意点の確認をしておきましょう。

カップル間で納得・合意を得る


スワッピング時によくあるトラブルとして

・直前になって知らされるor無理と言いだす
・プレイ後にカップル間の関係が悪くなる

というのが挙げられます。

自分側は嫁にも了承を得てやる気でいたけれど、相手側の嫁がスワッピングをすることを知らされずに来たという場合や、直前でやっぱり出来ないと言い出すといったことがあります。

またSMプレイで相手の嫁を傷つけたり、自分の嫁を傷つけれるなど、許容出来る範囲を超えたプレイをして関係が悪化するといったこともあります。

これらを防ぐために、スワッピングを行う前にカップル間で話し合い、スワッピングを行うことの最終確認と、許容出来るプレイの範囲の確認を行いましょう。

「直前でやっぱり無理!」を防ぐために効果的な方法は、4人で食事に行ってコミュニケーションを取ることです。
とくに女性は「仕方なく連れてこられた」と感じている場合が多いです。
プレイ前のコミュニケーションで、「私もこういうの初めてなんです」「私も半ば強引に連れてこられちゃって」と嫁同士が共感し合い仲良くなることで、直前のグダグダを回避することが出来ます。

複数人で利用可能なホテルを選ぶ


スワッピングをする際はラブホテルを利用する人が多いと思いますが、ラブホテルは1組しか入室できないところがほとんどです。

確認せずに一度入室出来たとしても、入室の瞬間はホテルの通路の監視カメラで必ず確認されているので、すぐに追い出されてしまいます。
もしくは1組ずつ別々の部屋を提案されるでしょう。

スワッピングすることが決まったら、事前に2組入室出来るラブホテルをチェックしておきましょう。

必ずコンドームを装着して避妊する


避妊と性病対策のために、必ずコンドームの着用を行いましょう。

お互いに相手の旦那の子どもを身篭ってしまうなんてことは、洒落になりません。
スワッピングの相手が複数いる夫婦は、妊娠した場合「誰の子どもかわからない」なんてことにもなりかねません。

プレイ前に必ずカップル間でコンドームの着用を約束するようにしましょう。

性病に関しては、喉に性病があった場合は、フェラチオ時に感染する可能性もあるので、定期的に性病検査を受けるようにしましょう。

PCMAXを活用してスワッピングしたいカップルを見つけよう

中々相手カップルを見つけるのが難しいスワッピングですが、今回解説した方法を実践すれば、念願のスワッピングをプレイすることが出来るでしょう。

また最後に解説した注意点を怠らなければ、出会った相手カップルと、スワッピングパートナーとして末永く関係を保てるでしょう。

PCMAXを活用して相性の合うカップルを見つけ、スワッピングを楽しみましょう。







ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>