ブログ

ヤラハタの意味とは?割合や卒業する方法を解説

「ヤラハタってどういう意味?」
「ヤラハタってヤバイ?」
とヤラハタに関して疑問を持っている人が多くいるようですので、今回はヤラハタについて詳しく解説していきます。

ヤラハタの意味だけではなく、

・ヤラハタの割合
・ヤラハタの特徴
・男性はヤラハタ女子をどう思っているのか?

など細かく解説していきます。

ヤラハタを卒業する方法にも触れていきますので、ヤラハタに悩んでいる人はぜひ最後までチェックしてみてください。特に今回は「ヤラハタ女子」についての解説が主になりますので、女性の方は見逃し厳禁です。

ヤラハタの意味とは?

ヤラハタとは「ヤラずにハタチ」の略で、セックスの経験がないまま二十歳になった人のことを言います。つまり二十歳になった時点で童貞や処女の人はヤラハラということです。

主に女性に対して使う場合が多く、処女のまま二十歳になった女子は「ヤラハタ女子」と呼ばれます。逆に男性に対して「ヤラハタ男子」と使われることはあまりありません。

ヤラハタ女子の中には、自分が処女のまま二十歳になることに、コンプレックスや危機感を感じている人もいるようです。

ちなみにヤラハタという言葉が生まれたのは、1982年(昭和57年)で「月刊プレイボーイ8月号」という雑誌の中で初めて使われたそうです。
若者の間では中々使われない言葉ですが、芸能人の小栗旬が番組で使用したことにより、若者にも認知されるようになったようです。

ヤラハタ女子の割合は?

「童貞や処女は恥ずかしい」といった風潮があることから、ヤラハタ女子は周りにどれくらいヤラハタがいるのか気になるようです。

過去に童貞卒業の年齢を調査した結果を記事にしました。
・関連ページ >>童貞卒業の年齢を調査|20代の40%が童貞?童貞にはメリットも!

この記事で紹介した、厚生省が出している「年齢別に見た、性経験のない未婚者の割合」というデータを見るとヤラハタ女子の割合を知ることができます。

引用元:第15回出生動向基本調査

このデータの2015年の女性の18~19歳を見てみると、74.5%の女性が性経験のない女性ということがわかります。
つまり18~19歳の間に処女を喪失した女子は約25%ほどで、約75%の女子がヤラハタ女子になる可能性があると言えます。

少し古いデータになりますので、現在調査を行えば値は変わるかもしれませんが、過去のデータも見る限り大きく変わることはないでしょう。
半分を超える割合でヤラハタ女子がいるわけですので、処女で悩んでいる女性は何も悩む必要はありません。

ヤラハタ女子の特徴

今ヤラハタ女子であること自体に悩む必要はありませんが、なぜ自分はヤラハタ女子なのか理由を追及しておく必要はあります。

これからヤラハタ女子の特徴を挙げていきますが、もしこれらに当てはまる場合は、今後も処女が続き、挙句の果てにはヤラミソ(ヤラずにミソジ)女子になる可能性もあるので注意しましょう。

理想が高い

男性に対して理想が高い人は、ヤラハタ女子になる確率が高いです。

・イケメン
・高身長
・高学歴
・高収入

など人によって理想は異なりますが、現実を見ず理想ばかり追いかける人は、中々彼氏が出来ず気が付けばヤラハタに…となります。

実際に面食いを自覚していて、ヤラハタに危機感を持っている女性がいましたので紹介します。

ヤラハタに危機感を覚えています。ハタチを超えて処女です。モテないわけではないのですが、面食いが過ぎて、向こうから告白してくれる男性をことごとく振ってしまいます。(中略)このまま歳を重ねていくのは社会的にヤバいような気がするので、ここらでひとつ、妥協するのもテなのでしょうか?
引用:ヤフー知恵袋

理想を持つのは良いことですが、

・その理想は自分に見合っているのか?
・理想を持ちつつも現実を見れているか?

の2点を意識しましょう。

例えば自分が不細工な場合、イケメンと付き合いたいという理想は自分に見合っていないということが考えられます。
その場合は妥協する以前の問題で、自分の価値を見誤っている可能性があるので、自分と現実・理想を見直しましょう。

男性や恋愛に興味がない

男性や恋愛に興味がなく、自分の趣味や目標を達成することに没頭していたり、女友達と遊ぶことに充実を感じるタイプにヤラハタ女子は多いです。
また二次元にのみ興味があり三次元は恋愛対象にならないというタイプも当てはまります。

ヤラハタ女子は多いですが、このタイプは日々の生活に満足しているので、基本的に焦りや危機感を感じません。

しかし年齢を重ね、ヤラミソに近づいてくると焦りを感じてくる人もいます。
その頃に焦りを感じても、過去の恋愛経験がないので上手く恋愛をすることが出来ず、その後も処女を貫き通し結局ヤラミソになってしまう可能性もあります。

今は男性や恋愛に興味はないけど、いつかは恋愛したり結婚したいと思っている人は、少なくとも男性とコミュニケーションを取れるようにはなっておきましょう。
男性と話すのが苦手といった人は要注意です。

慎重過ぎる

恋愛やセックスに興味はあるけど、一歩踏み出す勇気がなかったり、失敗をしたくないと慎重になる、完璧主義や神経質の人に見られる特徴です。

ちょっと良い関係になっても、慎重になり過ぎるあまり、それ以上の関係には発展はせずに友達のまま終わるといったパターンが多いです。

相手がどんな人か完璧に理解してから付き合いたいと思っていたり、セックスや処女喪失を重く考えている人は、この傾向に当てはまっているかもしれません。

慎重なことは決して悪いことではありませんが、何回も何回も同じ結果になるのであれば、一度冷静に自分を見つめなおし、たまには勇気を出して一歩踏み出し男性と付き合ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

ヤラハタ女子の心理

どのような人にヤラハタ女子が多いかはわかりましたが、ヤラハタ女子は自分自身のことをどう思っているのでしょうか?

処女でも全く気にしない

童貞や処女は恥ずかしいという風潮がある中、処女であることを全く気にしない人もいます。

周りの友達がいくら経験済みであろうが、「自分は自分、他人は他人」と周りに流されずに自分のルールを貫き通すタイプです。

既に解説した特徴の中で、「男性や恋愛に興味がない」に当てはまる人は、このような心理の人が多いです。
特徴の部分でも解説した通り、いつまでも気にしないのであれば良いですが、年齢を重ねるにつれこの心理は変わってくることもあります。

ヤバイ!と焦っている

逆に「周りの友達はみんな経験済みだから自分も早くしないと」と焦りを感じる人も多いです。

男性の場合は童貞を馬鹿にする風潮は強いですが、女性の処女はそれほど馬鹿にされることはありません。
男女共にあることですが、焦りを感じ初体験を早く済ませようとして、好きでもない人とセックスをすると後で後悔が残るということも多いです。

ヤラハタ女子ということに焦る前に、大好きと思い合える人と出会うことに注力しましょう。

ヤラハタ女子に対する男の本音

ヤラハタ女子の特徴や心理はわかりましたが、男性はヤラハタ女子に対してどのような気持ちを抱いているのでしょうか?

全く気にしない!むしろ嬉しい

女性が男性の童貞をあまり気にしないように、男性も女性の処女を気にする人は少ないです。

むしろ男性にとって処女を相手にするということは、嬉しいと感じる人がほとんどです。
純粋や真面目といったイメージが強く、可愛く大事にしてあげたいと思う男性も多いでしょう。

しかしあくまでヤラハタ女子に限ります。
三十路に近づく年齢になると、「この年齢で処女って何か問題でもあるのか?」とマイナスに働くこともあるので、いつまでも処女が喜ばれるわけではないということは理解しておきましょう。

重たくて面倒そう

ヤラハタということは「セックスに対するガードが固い」「付き合う=結婚前提とか思ってそう」と、面倒そうだったり重たそうと思われることもあります。
そう思うと男性はアプローチしずらくなります。

女性の初めての彼氏になったり初めてのセックスの相手になるということに、責任や重さを感じる男性がいるということも覚えておきましょう。

そう思われないために、好きな男性には自分の恋愛の価値観をしっかり話し「私は重くありませんよ」と伝えることがポイントです。

ヤラハタ女子を卒業する方法

ヤラハタ女子の割合や男の本音を見てみると、今自分がヤラハタ女子候補だからと言って危険を感じる必要はありません。
ですので焦って彼氏を作って処女を卒業しようとはしないでください。

しかし中には、ヤラハタに焦っているわけではなく、純粋に彼氏を作りたい女性もいるでしょう。

「ヤラハタを卒業したいから彼氏を作る」ではなく「彼氏が出来た結果としてヤラハタ卒業」という正しい順序であれば、失敗や後悔が残ることも少ないでしょう。

彼氏を作ってヤラハタを卒業する方法は

・合コン
・知人の紹介
・出会い系サイト
・マッチングアプリ

など様々な方法があります。

この中でもおすすめなのは、マッチングアプリや出会い系サイトです。
理由は

・女性は無料で利用出来る
・地域や年齢・身長などを好みの男性を検索出来る
・プロフ写真で顔を確認出来る
・外に出る必要はなく家で知り合うことが出来る
・多くの男性が登録している

などです。

知人の紹介や合コンには出会う人数に限界があり、好みの相手を選ぶことが難しいです。
好みの男性が来なかった時の、時間とお金の浪費ほど無駄なものはありません。

しかしマッチングアプリや出会い系サイトは、多くの男性の中から好みのタイプを選べますし、会う前にやりとりをしてお互いのことをある程度知ることが出来ます。

仮にやりとりの途中で「この人なんか合わないなー」と思っても、スマホ越しのやりとりなので、簡単に断ることができ無理して会う必要もありません。

一昔前はネットで出会うという行為は世間的にあまりよく思われていませんでしたが、今ではSNSや出会い系サイト・マッチングアプリで出会うことは当たり前のようになってきています。

まだ一度も利用したことの無い人は、ぜひ登録して彼氏探しに活用してみてください。







ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>