ブログ

やらみそ女子の特徴や原因とは?男はどう思っているのかも解説

セックスを「やらずに三十路(みそじ)」を略して「やらみそ」と言います。
30歳間近にして、彼氏も出来ずに処女のままという状況に危機感を覚える女性が多くいます。

「やらみそって男性からどう思われてるんだろ?」
「やらみそ女子の割合ってどれくらいなんだろ?」
と疑問を持ったり、この危機感から脱したいと思っている人も多いのではないのでしょうか。

過去に「やらずに二十歳(はたち)」のやらはたについて記事を書きました。
・関連ページ >>ヤラハタの意味とは?割合や卒業する方法を解説

20歳で処女と言われても「別に何も問題ないじゃん」と多くの人は思うでしょう。
しかし30歳で処女と言われると「何か人間性に問題あるんんじゃないの?」と思われても仕方ありません。

今回はやらみそに悩む女性のために、

・やらみそ女子の割合
・やらみそ女子の特徴や原因
・やらみそ女子に対する男の本音
・やらみそ女子を卒業する方法

などについて解説していきます。

やらみそ女子についての悩みを解決したい人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

やらみそ女子の割合は?

近年、「初体験の年齢が早まっている」といった意見の一方で「草食系の人が増えて童貞や処女率が高くなっている」のように相反する意見があり、一体どっちなの?と思う人は多いでしょう。

結論はどちらも正しくて、二極化が起こっていると言えます。
つまり初体験の早い人は極端に早く、遅い人は極端に遅く、間に当てはまる人が少なくなってきているということです。

では30代で処女のやらみそ女子の割合はどうなっているのか、厚生省の出生動向基本調査の表から具体的に見てみましょう。


引用元:第15回出生動向基本調査

2015年の30~34歳を見ると、性経験の無い女性の割合はおよそ3割ということがわかります。
参考の35~39歳を見てもおよそ3割なので、実際に3割もの女性がやらみそ女子であると言えるでしょう。

この値が思っていたより大きいか小さいかは人それぞれだと思いますが、やらみそ女子から脱したい人は「3割も仲間がいる」と安心をしないようにしましょう。

やらみそ女子になる人の特徴や原因

3割もの女性がやらみそ女子という事実がわかりましたが、果たして何が原因でやらみそになってしまったのでしょうか。

やらみそ女子になる人の特徴や原因を紹介します。

体型や容姿にコンプレックスがある


体型や容姿に自信がないか、外見に無頓着な人はやらみそ女子になることが多いです。

異性と出会ったり付き合ったりするに当たり、外見は非常に大事なポイントです。
「人は見た目じゃない」と言う人もいますが、多くの人が生理的に受け付けないような見た目は論外です。

容姿を良くするというとハードルが高いと思われるかもしれませんが、「普通」や「無難」を意識するだけで変わります。
体型や化粧、服装など、まずは平均点に近づけれるように意識してみましょう。

自分はモテると思っている


逆にルックスはそれなりで、過去に彼氏がいた経験がある人の中にもやらみそ女子が多くいます。

実際に彼氏が出来てセックスまで至らなくても、彼氏が出来たという経験が、「私はモテる」という勘違いや油断に繋がり、気がつけば30代といったパターンです。

プライドが高い場合は難しいですが、そうでない場合は冷静に現実を見つめなおし、勘違いに気づけば、処女を卒業することは難しくはないでしょう。

理想が高い

理想が高い人は、男性に興味はあり結婚願望もありますが、中々自分好みの男性に出会えずやらみそになってしまう傾向があります。

「理想が高い」にも種類があり、

・男性に高身長や高収入などスペックを求めるタイプ
・本当に好きな人に処女を捧げたいロマンチストなタイプ

の人達がいます。

前者は世間的によく言われる内容で、相手さえ見つかれば処女を捨てることが出来ます。
しかし相手が見つからないということは、理想が自分に見合っていないことが考えられます。

後者は一見素敵な理想に見えますが、処女を執拗に大事にしていたり、慎重過ぎる傾向にあり、相手は周りにいるのに中々深い関係になれないタイプです。
周りがアドバイスをしても、自分の考えに固執している頑固者で、意外と前者よりも処女を捨てるのが困難なこともあります。

仕事や趣味が生きがい


キャリウーマンのような仕事に対して意識が高い女性や、自分の趣味に没頭している女性は、恋愛が二の次で結果やらはたになってしまうことが多いです。

男性に興味がないわけではありませんが、現状が充実していて、恋愛に時間を割くと仕事や趣味の時間が減ってしまうという心配から、恋愛に一歩踏み出すことが出来ません。

恋愛をすることが必ずしも仕事や趣味への影響がマイナスになるわけではありませんが、両立させるのが苦手な人は、どうしても恋愛を後回しにしてしまいます。

アイドルや二次元にしか興味がない


男性にも見られる傾向ですが、アニメなどの二次元やアイドルに熱狂しているオタクな人は、現実世界で恋愛をすることが難しい傾向があります。

同じアニメ好きな男性との出会いの可能性はありますが、好きなのは趣味が同じ人ではなく、あくまでアニメの中のキャラクターなので、恋愛感情が生まれることは稀です。

コミュ障


コミュ障で友達が少なく、男性との接点もなく男慣れしていない人は、恋愛をすることなく処女のまま30歳を迎える可能性があります。

頑張って出会いを作り男性とデートに行けたとしても、意思疎通が出来ず二度目が無いなんてこともありえます。

女性の友達も少ない場合は、周りの恋愛事情やセックス事情もわからないので、自分が周りとは違うという自覚がない場合もあります。
その場合は焦るといったこともなく、「処女を卒業しないと!」という気持ちにもならず、そのままさらに年齢を重ねることもあります。

過去の恋愛やセックスにトラウマがある


彼氏が出来た経験や、セックスで挿入の直前までいった経験はあるけど、それらが苦い経験だったことからトラウマになり「恋愛はもう嫌」と、やらはたになるケースもあります。

初めて付き合った男性が暴力的であったりお金使いが荒かったり、浮気性などダメ男だった場合、男性に対する抵抗が生まれ恋愛はこりごりとなる女性は少なくありません。

また初めての彼氏とセックスをしようとしたけど、挿入出来ないほど痛かったり、相手の前戯が下手だったなどの経験からセックスに対する嫌悪感が生まれ、その後一切セックスしたい気持ちにならないということもあります。

これらのトラウマから、男性恐怖症やセックス嫌いになると処女喪失へのハードルは高くなってしまいます。

長女気質で自立している


長女気質で何でも1人でこなし自立していて、尚且つ寂しさを感じない女性はやらはたになる可能性が高いです。

買い物や外食、映画なども1人で行けるタイプで、特別パートナーを求めていません。
1人暮らしでも孤独を感じず、むしろ1人の方が気楽といったタイプが当てはまります。

厳しい家庭で育てられた


親が厳しく、いわゆる箱入り娘で恋愛を許されずに育った女性は、恋愛の仕方がわからずに処女のまま年齢を重ねてしまう傾向にあります。

また成人しても親の干渉を受けたり、好きな人が出来ても恋人に相応しいかどうかは親に決定権があったりと、気軽に恋愛が出来ない環境の人もいます。

やらみそ女子に対する男の本音

男性はやらみそ女子に対して、どんな思いを持っているのでしょうか?
やらはたに比べると年齢を重ねていることから、やらみその方がネガティブな意見が多くある気もします。

では実際に男性の本音を見てみましょう。

見た目や性格に難ありと思う


長い間彼氏もいずに処女ということは、「見た目や性格に問題があるのでは?」と思ってしまう男性が多いです。
これはやらみそ女子に限ったことではなく、女性から見た30代童貞男子にも同じ思いを抱くでしょう。

見た目はある程度努力で改善することが出来ますが、30代になって性格を改めるのは中々難しいので、男性も敬遠しがちになります。

やらみそ女子が男性と接する時は、とくに性格に難ありと思われないように心がける必要がありそうです。

面倒で重たいと思う


30代になっても処女の人は、面倒で重そうと思われがちです。
「結婚する人としかセックスしないのかな?」と思われると男性も手を出しづらくなります。

やらみそ女子に告白されても「結婚前提と思われたら嫌だな」と思い断る男性もいます。
もし男性にアプローチする場合は、なるべく重さや面倒さを感じさせないように接することを心がけましょう。

理由(ワケ)ありな人そう


やらみそ女子自身の性格や重たさ以外にも、何か特別な理由がありそうと思われることもあります。

例えばやらみそ女子の特徴で挙げたように親が厳しいなど、家庭に理由があると思われることがあります。
この場合、男性は「付き合うとなると相手の親に会い強制的に結婚前提になりそう」と敬遠しがちになります。

また「何か宗教を信仰していて婚前交渉はしないのかな?」と宗教絡みな理由を考えられることもあります。

家庭環境や宗教など少し変わった理由がある場合は、男性は「関わると面倒なことになりそう」と一歩引いた目で見てしまう人もいます。

セックスに気を遣わないといけなさそう


30代になって初めてのセックスとなると、男性側も責任や重さを感じざるを得ません。
過去にセックス手前で嫌な経験をした女性であれば、なおさら「気を遣わないと」という気持ちになります。

30代まで守ってきた処女に対して、男性は「どんな感じでセックスすればいいんだろう」とプレッシャーや気遣いを感じる人が多いということを理解しておきましょう。

処女は好印象


年齢に関わらず、処女に対して「真面目そう」「純粋そう」と好意的に捉えてくれる男性は勿論います。

しかしやらはた女子に比べてそう思ってくれる男性は圧倒的に少ないですし、もしやらみそ女子を卒業したのであれば決して安心していてはいけません。

やらみそ女子対策や卒業方法

ここまでこれを読んでいる人は、やらみそ女子になりそうな人か、やらみそ女子になってしまった人のどちらかで、共通の目的を持っているに違いないでしょう。

それは彼氏を作り処女を卒業することです。

最後にやらみそ女子になりそうな人にも、なってしまった人にも役立つ、彼氏を作り処女を卒業する方法を解説します。

自分磨きをする


やらみそ女子の原因を潰すために、まずは自分磨きをしましょう。

具体的には

・理想の体型になる
・服装や髪型、化粧にこだわる
・コミュニケーションスキルを磨く

などです。

人によっては時間のかかるものもあると思いますが、これらは男性と関係を築くための土台となる部分です。
土台を作るための自分磨きは大変ですが、逆にこれらをこなせば目的達成への道のりはグンと近くなります。

新たな自分になり人生を変えるつもりで、諦めずに頑張りましょう。

出会いの数を増やす


やらみそ女子には男慣れしていない人が多くいて

・彼氏の作り方がわからない
・本気で男性を好きになれない

と悩んでいる人がいます。

この問題を解決するには、出会いの数を増やし、より多くの男性と仲良くなるという方法が一番です。

自分磨きをした上で男性との出会いを繰り返していると、いつかは魅力的と思える男性が現れたり、好きと思ってくれる男性が現れるものです。

出会いの数を増やす方法は

・合コン
・習い事
・マッチングアプリ
・出会い系サイト
・婚活

など色々な方法があります。

コミュニケーションが苦手な人は、マッチングアプリや出会い系サイトなど、ネット上から始めるのがおすすめです。

処女であることを正直に話す


処女であることを恥ずかしいと思っていたり、重いものと思っていては相手にもそれが伝わり、気を遣わせてしまうことになります。

もし気になる人が見つかった時は、過去の恋愛経験やセックスの経験がないことを正直に話しましょう。
相手が優しい紳士的な人であれば、親身になって対応してくれるはずです。

注意する点としては、遊び人のようなチャラい男性には気軽に話さないということです。
そのような男性は処女を奪うことを楽しみと考えていることがあるので、セックスだけ楽しんで捨てられる可能性があるからです。

やらみそ女子の原因や特徴を理解して問題を解決しよう

今回はやらみそ女子になる人の特徴や原因から、対策方法までを解説してきました。

特徴や原因に実際に当てはまる人、もしくは「私これに当てはまってる」と気付きを得た人もいたのではないでしょうか。

やらみそ女子の問題を解決するのに大事なことは、まず前向きな気持ちになることです。
何か行動を起こさないことには変化は起こらないので、原因が自覚出来たら小さなことからでいいので改善していきましょう。

「体重が減ったらオシャレな服を着れるようになった」「オシャレな服に合わせて髪型を変えたり化粧をするのが楽しくなった」と1つ達成していけば、さらに次の楽しみが増えてくるものです。

そうやって1つ1つこなしていくと、いつかは素敵な男性と巡りあえる日が来るでしょう。







ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>